パワーについて

筋力トレーニングは、筋肥大や筋力アップだけではなく、パワーを高める目的でも有効に活用できます。
パワーとは、一定の時間内に行われた仕事という意味です。
学術的に「パワー=筋力×スピード」と定義されています。
筋力に加えてスピードも要素に含まれているわけなので、パワーを必要とする場面は様々です。
スポーツで瞬発力を発揮したり、キレのある動きを見せたりするには、このパワーが欠かせません。
日常生活でも、軽快に動くことができれば、いざという時にきっと役立ちます。
エクササイズの例をあげると、バーベルを担いで上方に全力でジャンプするスクワットジャンプなどは、パワーの向上にかなり有効です。
1回の単発的なパワーを高めたいのなら、50〜80%1RMで1〜5回の反復を、連続的に発揮するパワーを高めたいのなら、30〜60%1RMで5〜10回の反復を行うと良いです。
またスポーツの動作パワーを向上させる目的であれば、専門的トレーニングをとり入れる必要があります。
例えば、ゴルフの飛距離アップを狙う場合、実際のゴルフクラブよりもややヘッドが重くかかるもので素振りをします。
ただ、負荷が強すぎると、フォームを崩す危険があるので、注意が必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  2. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  3. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  4. 2017-3-21

    持続トレーニングとインターバルトレーニング

    中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。…
  5. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
ページ上部へ戻る