筋力アップについて

筋力アップを目的とする場合は、また違った条件の設定が必要になります。
数セットのウォーミングアップをしたら、85%1RM(6RM)以上の高負荷を用いられます。
反復回数は全力で1〜5回です。
2〜5分間のインターバルを挟んで、2セット以上行う必要があります。
筋力は筋肉の断面積に比例すると言われていて、筋肥大させれば自然と筋力はアップします。
しかし、見た目は細いのに、ものすごく力が強い人を見かけることがあります。
それは、より多くの筋線維を同時に働かせることができているからです。
1本1本の筋線維に働く命令を伝えるのは、もちろん神経の役割です。
つまり、筋力の向上を目指す場合は、高負荷を与えることで神経を目覚めさせ、神経系の機能改善を狙うことです。
そのためには、各反復スピードを全開でこなすことが必要になります。
インターバルは、前のセットの疲労が完全に抜けきるまでは、十分に確保します。
なお、こうしたトレーニングを行う際は、トレーニングレベルや体調を考慮して、負荷やセット数を微調整することも忘れないようにすることが重要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  2. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  3. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
  4. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  5. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
ページ上部へ戻る