フリーウェイトについて

フリーウェイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければいけなく、身体を安定させつつ力を発揮する必要があります。
動作中はメインの筋肉の周りの筋肉や体幹筋・関節などにも大きな刺激を与えることができて、いろいろな筋肉を強化することができます。
また、マシントレーニングに比べて身体に大きな負荷がかかるので成長ホルモンの分泌を促進して筋肉肥大をもたらしやすくなります。
筋力アップという観点から見ると、マシンよりフリーウエイトの方が優れていると言えるでしょう。
器具がシンプルなので、スペースを取らず、応用度も高いのが利点で、経済的でもあります。
しかし、トレーニングに慣れていない初心者がいきなり重いバーベルをあげると変な姿勢になって怪我をする恐れがあります。
フォームが正しくないと筋肉に刺激が伝わらず効果も出にくくなるので、必ず正しいフォームを身につけてから始めることが必要です。
全てのトレーニングをフリーウエイトだけで行うのは、体力的にも精神的にもきついし怪我の危険性もあります。
できれば、ベンチプレスなど、フリーウエイトトレーニングの後にマシンを追加するなどし、サブ的にマシンを使用するのがいいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
  2. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  3. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  4. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  5. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
ページ上部へ戻る