筋力トレーニング中の呼吸について

息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。
筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言います。
力を込めるポジティブ動作の時には息を吐き、ネガティブ動作の時に息を吸って行うのが筋力トレーニングにおける基本になります。
例えば、ベンチプレスでは、ウエイトをあげる局面で息を吐いて、下ろしながら息を吸います。
トレーニングメニューによっては逆の呼吸をする例外もありますが、ポジティブ動作の時は、息を吐き、ネガティブ動作の時は息を数というのがあくまでも基本になります。
ビギナーの場合は、意外と呼吸を意識しながら筋力トレーニングを行うのが難しいと感じます。
トレーニングのレベルが高くなってくると、息を吐きながらでは、持ち上がらないウエイトに挑むこともあります。
そうした場合は、より力が入るよういったん腹部に息をため、あげていく途中で息を吐くなど、より細かな呼吸法のテクニックもあります。
しかし自分の身体に無理な負担をかけず、アクシデントを防ぐのはもちろんのこと、トレーニングに応じてより高い効果を得るためにも、しっかりと呼吸を意識しながら正しいトレーニング方法を用いてトレーニングをしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  2. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  3. 2014-10-9

    ストレイン・カウンターストレインって知ってますか?

    ストレイン・カウンターストレインとは、オステオパシードクターであるローレンス・ジョーンズ医師により発…
  4. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る