筋力トレーニング中の呼吸について

息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。
筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言います。
力を込めるポジティブ動作の時には息を吐き、ネガティブ動作の時に息を吸って行うのが筋力トレーニングにおける基本になります。
例えば、ベンチプレスでは、ウエイトをあげる局面で息を吐いて、下ろしながら息を吸います。
トレーニングメニューによっては逆の呼吸をする例外もありますが、ポジティブ動作の時は、息を吐き、ネガティブ動作の時は息を数というのがあくまでも基本になります。
ビギナーの場合は、意外と呼吸を意識しながら筋力トレーニングを行うのが難しいと感じます。
トレーニングのレベルが高くなってくると、息を吐きながらでは、持ち上がらないウエイトに挑むこともあります。
そうした場合は、より力が入るよういったん腹部に息をため、あげていく途中で息を吐くなど、より細かな呼吸法のテクニックもあります。
しかし自分の身体に無理な負担をかけず、アクシデントを防ぐのはもちろんのこと、トレーニングに応じてより高い効果を得るためにも、しっかりと呼吸を意識しながら正しいトレーニング方法を用いてトレーニングをしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  2. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  3. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  5. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
ページ上部へ戻る