筋力トレーニング中の呼吸について

息を正しく吐くことは大切ですが、そればかり意識しすぎて息を吸い込むことをおろそかにしてしまうと、酸欠になってしまいます。
筋力トレーニングではウエイトをあげる動作をポジティブ動作、逆に下ろす動作をネガティブ動作と言います。
力を込めるポジティブ動作の時には息を吐き、ネガティブ動作の時に息を吸って行うのが筋力トレーニングにおける基本になります。
例えば、ベンチプレスでは、ウエイトをあげる局面で息を吐いて、下ろしながら息を吸います。
トレーニングメニューによっては逆の呼吸をする例外もありますが、ポジティブ動作の時は、息を吐き、ネガティブ動作の時は息を数というのがあくまでも基本になります。
ビギナーの場合は、意外と呼吸を意識しながら筋力トレーニングを行うのが難しいと感じます。
トレーニングのレベルが高くなってくると、息を吐きながらでは、持ち上がらないウエイトに挑むこともあります。
そうした場合は、より力が入るよういったん腹部に息をため、あげていく途中で息を吐くなど、より細かな呼吸法のテクニックもあります。
しかし自分の身体に無理な負担をかけず、アクシデントを防ぐのはもちろんのこと、トレーニングに応じてより高い効果を得るためにも、しっかりと呼吸を意識しながら正しいトレーニング方法を用いてトレーニングをしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  2. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  3. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  4. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  5. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
ページ上部へ戻る