ジョギング後の筋力トレーニングについて

筋力トレーニングとジョギング、どちらを先に行うべきか、普通に考えればどちらでも良いような気がします。
まず筋力トレーニングをすると体内にアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンには体脂肪を分解する働きがあり、体脂肪燃焼効果を高めることができます。
また、筋力トレーニングを行うことで、成長ホルモンが分泌され、代謝アップを促進して脂肪分解速度を速めます。
分解された脂肪は脂肪酸として血液中に放出され、エネルギーとして使われやすい状態になっています。
そのため脂肪が分解されたタイミングでジョギングをすればトレーニングを始めたと同時に、脂肪がエネルギー源として使われることになります。
脂肪燃焼効果がとても高くなり、より効率的に脂肪を減らすことができます。
逆に、ジョギングを先に行うと体内のアドレナリンが高くなり、15〜20分もするとエネルギーとして消費するため脂肪酸が血液中に放出されます。
脂肪酸は脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を妨げる影響を与えてしまいます。
そのため、筋力トレーニングの前に長時間トレーニングの前に長時間のジョギングや有酸素運動を行うと成長ホルモンの分泌が抑制され、その効果が上がらなくなってしまします。
ジョギングは筋力トレーニング後に行うようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    『別腹』って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
ページ上部へ戻る