ジョギング後の筋力トレーニングについて

筋力トレーニングとジョギング、どちらを先に行うべきか、普通に考えればどちらでも良いような気がします。
まず筋力トレーニングをすると体内にアドレナリンが分泌されます。
アドレナリンには体脂肪を分解する働きがあり、体脂肪燃焼効果を高めることができます。
また、筋力トレーニングを行うことで、成長ホルモンが分泌され、代謝アップを促進して脂肪分解速度を速めます。
分解された脂肪は脂肪酸として血液中に放出され、エネルギーとして使われやすい状態になっています。
そのため脂肪が分解されたタイミングでジョギングをすればトレーニングを始めたと同時に、脂肪がエネルギー源として使われることになります。
脂肪燃焼効果がとても高くなり、より効率的に脂肪を減らすことができます。
逆に、ジョギングを先に行うと体内のアドレナリンが高くなり、15〜20分もするとエネルギーとして消費するため脂肪酸が血液中に放出されます。
脂肪酸は脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を妨げる影響を与えてしまいます。
そのため、筋力トレーニングの前に長時間トレーニングの前に長時間のジョギングや有酸素運動を行うと成長ホルモンの分泌が抑制され、その効果が上がらなくなってしまします。
ジョギングは筋力トレーニング後に行うようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  3. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  4. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  5. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
ページ上部へ戻る