クールダウンについて

クールダウンを怠ると悪影響があります。
クールダウンは筋力トレーニング後の必須事項としてやっていく必要があります。
筋力トレーニングは非常に強度が強い運動なので、トレーニング終了後はジョギングなどの有酸素運動を行うと良いです。
会話ができる程度のペースを保ちながら、時間の目安を5〜15分程度にすると理想的です。
有酸素運動で体を落ち着かせた後は、ストレッチを入れると良いです。
ゆっくりとしたスタスティックストレッチを入念に行うことで、体はさらにリラックスしていきます。
トレーニングした筋肉を中心に行い、それぞれの部位は長い時間をかけて入念に伸ばしていきましょう。
最後のストレッチできをつけて欲しいのが呼吸法になります。
最後まで、血流を意識して、ストレッチによって筋肉の疲労物質が流れ出るように、伸ばす時には呼吸を止めず、ゆっくりと息を吐きながら行うようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  2. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  3. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  4. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  5. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
ページ上部へ戻る