クールダウンについて

クールダウンを怠ると悪影響があります。
クールダウンは筋力トレーニング後の必須事項としてやっていく必要があります。
筋力トレーニングは非常に強度が強い運動なので、トレーニング終了後はジョギングなどの有酸素運動を行うと良いです。
会話ができる程度のペースを保ちながら、時間の目安を5〜15分程度にすると理想的です。
有酸素運動で体を落ち着かせた後は、ストレッチを入れると良いです。
ゆっくりとしたスタスティックストレッチを入念に行うことで、体はさらにリラックスしていきます。
トレーニングした筋肉を中心に行い、それぞれの部位は長い時間をかけて入念に伸ばしていきましょう。
最後のストレッチできをつけて欲しいのが呼吸法になります。
最後まで、血流を意識して、ストレッチによって筋肉の疲労物質が流れ出るように、伸ばす時には呼吸を止めず、ゆっくりと息を吐きながら行うようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  3. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
ページ上部へ戻る