グレーディングされた出力とパフォーマンスの客観的計測値

人は未知である新しい運動を身に付けようとするとき、一般的に良いとされる動作を模倣しながら、その試行の中でうまくいったときの感じを手がかりに修正を繰り返して習熟していく。

我々は運動場面において、そうした運動経験を基にした「運動感覚」によって必要な出力をコントロ-ルしていると考えられる。

目的に合わせ身体諸機能を調節する随意的能力はスキルと呼ばれる。

ある研究者は、スキルを「状況把握能力,正確さ,素早さ,持続性」の4要素に大別している。

さらに、運動制御の出力面に関する能力は「正確さ」であり、そこには「体肢のポジショニング能力,タイミング能力,出力のリプロダクション能力,出力のグレーディング能力」が含まれるとしている。

これらの中で目的に合わせ発揮する力を調節する能力はグレーディング能力であり、出力のコントロールには重要な役割を果たすものと考えられる。

身体の機能的、形態的な変化を目的とするトレ-ニングの場面では、トレ-ニング負荷の強度的側面の管理が主観的な努力度合に基づいて行われることがある。

陸上競技のスプリント系種目では、トレ-ニングにおいて個人の主観的努力度により強度が決定される場面がしばしば存在する。
こうしたことから主観的な感覚によってグレーディングされた出力とパフォーマンスの客観的計測値との対応関係を知ることは、先に挙げた運動の習熟に対する動きの調節を考え合わせても、動きを自身の感覚により管理する上で重要な指標になると言えるだろう。

とある研究によれば,主観的努力度と客観的出力の間には直線的対応関係があることが報告されている。
また,走運動についての研究においても主観的努力度と客観的出力の間には直線的対応関係が認められたと報告している。

動きを自身で管理する際の感覚的要素が実際にどう出力に関係するかというのは運動制御において非常に重要なポイントになる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
  2. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  3. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  4. 2015-1-16

    東洋医学でいう五臓とは?

    東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示す…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る