自重トレーニングのデメリットについて

ただ、ボディービルダーのように筋肉を発達させたり、高い瞬発力が必要な特定の競技で好成績を出すことを目的とした場合、筋力トレーニングを自重トレーニングで補うのは難しいです。
自重トレーニングはその名の通り、自重がウエイトになっています。
自重を上げ下げできるよう筋肉は発達しますが、それ以上の負荷をかけることはできません。
より筋肉を発達させようとすれば、自重以上の負荷がどうしても必要になってしまいます。
自重になれてしまった後に自重トレーニングを繰り返しても、筋肉の肥大は望めません。
ただ長期的に見れば、最初は基礎的な力をつけるために自重トレーニングを取り入れてもいいです。
筋力トレーニングのやり始めに自重トレーニングを取り入れる価値は十分にあるでしょう。
注意しなければいけない点は、ウエイトトレーニングと比べて怪我のリスクは少ないですが、例えば極端な肥満の人が行ったり、子供の場合は激しいジャンプを繰り返すような骨に大きな負荷がかかるようなトレーニングをすると怪我につながってきます。
肥満の人はまず一定程度減量してから行い、子供には無理のない負荷によるトレーニングから始めることが望ましいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  2. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  3. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
ページ上部へ戻る