筋肥大を促すオールアウト

筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。

最終的にこれ以上動かす事が出来ないというぎりぎりの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態を「オールアウト」と呼びます。

ところで10ROMを3セットやると、1セットごとに疲労がたまります。

すると、各セットすべてを同じ重さで同じ回数というトレーニングは厳しいかもしれません。

力が落ちる2セット目、3セット目は負荷を下げたり回数を少なくしても大丈夫です。

このようなトレーニングを続けていれば、筋肉に変化が起こってくるはずです。

はやく効果を出したいからといって毎日続けるのは逆効果です。

筋肉が回復する以前にトレーニングすると筋肉の発達を妨げるおそれがあります。

超回復は24時間~48時間といわれています。

2~3日おきのトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  2. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  3. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  4. 2016-12-23

    激しい運動に耐えるスポーツ心臓

    私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。心臓も同様に長時間高度な…
  5. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
ページ上部へ戻る