筋肥大を促すオールアウト

筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。

最終的にこれ以上動かす事が出来ないというぎりぎりの状態に追い込むわけですが、最大限の力を出し切って筋肉をくまなく疲労させた状態を「オールアウト」と呼びます。

ところで10ROMを3セットやると、1セットごとに疲労がたまります。

すると、各セットすべてを同じ重さで同じ回数というトレーニングは厳しいかもしれません。

力が落ちる2セット目、3セット目は負荷を下げたり回数を少なくしても大丈夫です。

このようなトレーニングを続けていれば、筋肉に変化が起こってくるはずです。

はやく効果を出したいからといって毎日続けるのは逆効果です。

筋肉が回復する以前にトレーニングすると筋肉の発達を妨げるおそれがあります。

超回復は24時間~48時間といわれています。

2~3日おきのトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  2. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  3. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  4. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  5. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
ページ上部へ戻る