筋肥大について

筋肉を大きくしたいのか、筋力アップをしたいのか、筋力トレーニングをする人によって目的は異なってきます。
そうした目的毎に、負荷・回数・インターバル・セット数といった条件も変わってきます。
筋肉を大きくする筋肥大を目的とした場合、軽めの負荷で2セットほどウォーミングアップをしたあと、70〜85%1RMの負荷でトレーニングを行います。
この負荷は6〜12RMに相当するので、反復回数は最大限の6〜12回。
30〜90秒間のインターバルを挟んで、3セット以上が必要になります。
筋肥大を起こすには、筋肉にかなり強い負荷をかけなければなりません。
セット毎に最大限の反復を行い、疲労困憊するまで筋肉を追い込見ます。
すると、筋肉の細胞内でエネルギー源の糖が分解され、代謝物質である乳酸が蓄積します。
この乳酸が成長ホルモンの分泌を促進させます。
インターバルはできるだけ短くしたい所です。
ポイントは、前のセットの疲労が回復する前に次のセットを始めることで、ウエイトを下ろす動作も気をぬかず、ゆっくりと行います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-29

    静的ストレッチングについて

    ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。ストレッチングにより得られる…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  4. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  5. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
ページ上部へ戻る