筋肥大について

筋肉を大きくしたいのか、筋力アップをしたいのか、筋力トレーニングをする人によって目的は異なってきます。
そうした目的毎に、負荷・回数・インターバル・セット数といった条件も変わってきます。
筋肉を大きくする筋肥大を目的とした場合、軽めの負荷で2セットほどウォーミングアップをしたあと、70〜85%1RMの負荷でトレーニングを行います。
この負荷は6〜12RMに相当するので、反復回数は最大限の6〜12回。
30〜90秒間のインターバルを挟んで、3セット以上が必要になります。
筋肥大を起こすには、筋肉にかなり強い負荷をかけなければなりません。
セット毎に最大限の反復を行い、疲労困憊するまで筋肉を追い込見ます。
すると、筋肉の細胞内でエネルギー源の糖が分解され、代謝物質である乳酸が蓄積します。
この乳酸が成長ホルモンの分泌を促進させます。
インターバルはできるだけ短くしたい所です。
ポイントは、前のセットの疲労が回復する前に次のセットを始めることで、ウエイトを下ろす動作も気をぬかず、ゆっくりと行います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  3. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  4. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  5. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る