トレーニング休止中の筋肉の変化

筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでしまう場合があります。

このように一時的、または永続的にトレーニングをやめることをディトレーニングといいます。

ディトレーニングから約2週間は筋力が落ちることはありませんが、3~4週間すると運動に加わる筋線維の数が減少し、1~2か月後には筋の萎縮が始まります。

筋の萎縮が起きるのは、ディトレーニング中に、筋の発達を抑制するホルモン「ミオスタチン」が増加するからだと考えられています。

ちなみにスプリンターなどスピードが問われる種目では、大きな影響はありません。

スピード能力では、筋線維のタイプによって生まれつき、つまり遺伝できまっているためです。

数か月しかトレーニングをしていない初心者は筋肉が落ちるのも早いです。

しかし、長い期間をかけてトレーニングをしてきた鍛錬者は筋肉が緩やかに衰える傾向があります。

筋力トレーニングで肥大しやすい速筋線維はディトレーニングでは萎縮しやすく、遅筋線維は肥大しにくいが萎縮もしにくいという特徴があるので、初心者は速筋線維の萎縮が起き、急速に筋肉が衰えると考えられています。

仕事の都合などでトレーニングを続けにくくなった場合は、完全にやめるのではなく、軽めのトレーニングで維持するのもいいかもしれません。

2~3週間なら強度を維持すれはトレーニングの量と頻度をへらしても筋力は低下しません。

それまでのトレーニングを無駄にしないようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  2. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど...今回は…
ページ上部へ戻る