瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。
この筋線維は得意とする動きによってタイプがあります。
瞬間的に大きな力を発揮できる筋線維と、力は小さいですが持久力に優れた筋線維に分けられます。
速筋はいざという時、素早く筋肉を収縮して力を発揮するタイプで全速力で走ったり、転びそうになった時に手足を踏ん張ったりする場合に活躍します。
糖をエネルギー源にしているので強い力を発揮することができる反面、酸素をあまり使わないので疲れやすく、長時間力を発揮することができません。
スポーツで例えれば、短距離走などのスプリンタータイプが主に使う筋肉と言えます。
一方遅筋は、歩いたり姿勢を整えたりといった、普段継続的に使われる筋線維で、酸素を取り込んでエネルギーに変換するミオグロビンというタンパク質を含みます。
筋収縮を続けながら素早く酸素を取り込むので、疲労がたまりにくく長時間運動を続けることができます。
マラソンなどの有酸素運動は遅筋を最大限に活かしていて、遅筋は長距離タイプと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  2. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  3. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  4. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  5. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
ページ上部へ戻る