瞬発力の速筋と持久力の遅筋について

筋肉は膨大な数の筋繊維が束になってできていて、筋線維の収縮によって身体を動かしています。
この筋線維は得意とする動きによってタイプがあります。
瞬間的に大きな力を発揮できる筋線維と、力は小さいですが持久力に優れた筋線維に分けられます。
速筋はいざという時、素早く筋肉を収縮して力を発揮するタイプで全速力で走ったり、転びそうになった時に手足を踏ん張ったりする場合に活躍します。
糖をエネルギー源にしているので強い力を発揮することができる反面、酸素をあまり使わないので疲れやすく、長時間力を発揮することができません。
スポーツで例えれば、短距離走などのスプリンタータイプが主に使う筋肉と言えます。
一方遅筋は、歩いたり姿勢を整えたりといった、普段継続的に使われる筋線維で、酸素を取り込んでエネルギーに変換するミオグロビンというタンパク質を含みます。
筋収縮を続けながら素早く酸素を取り込むので、疲労がたまりにくく長時間運動を続けることができます。
マラソンなどの有酸素運動は遅筋を最大限に活かしていて、遅筋は長距離タイプと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  4. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
  5. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
ページ上部へ戻る