有酸素性能力が高まると筋トレの効果が高まる

筋力トレーニングや陸上の短距離走など、瞬発系に強い力を発揮する運動を無酸素運動といいます。

一方、ウォーキングなど酸素を取り込みながら続ける運動は有酸素運動といいます。

マラソンのように長時間運動を続けられる力を全身持久力といいます。

全身持久力は有酸素性能力ともよばれ、体内に酸素を取り込む能力が大きいほど高くなる傾向になります。

筋トレを1セット行う時間はせいぜい30秒から1分程度です。

筋トレを行っている間は、基本的に無酸素運動で強度の高い運動の後は回復期があり、心拍数があがったり呼吸数が増えたりする有酸素状態になります。

このようにして体内に酸素を取り込んで疲労を回復させることで1分前後のインターバルの間に次のトレーニングで力を発揮できる状態へもどします。

有酸素能力が高まっていないと、1セットが終わった後のインターバル中で疲労が回復しないまま次のセットを続けることになってしまい、十分な効果を得ることはできません。

質の良いトレーニングを続けるには有酸素性能力を高めることが大切になります。

そのために、週に2回くらい2~3キロのランニングやウォーキングの補助トレーニングを取り入れるものいいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  2. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
  3. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    『別腹』って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  4. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  5. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
ページ上部へ戻る