たとえ休日でも寝だめはダメなんです

普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。

平日は長く寝られないため、休日は長く寝ようというような考えからそのような方法を取っているのだと思われます。

しかし、睡眠は、単にその時間を足し算引き算で帳尻あわせできるような単純なものではありません。

そもそも睡眠は時間さえ確保されていれば良いというわけではなく、睡眠の質とリズム、いつ眠りに入りいつ目覚めるか、なども大切になってきます。

長く寝ていたいというのは分かりますが、たとえ長く寝ていても、朝の目覚めが悪かったり、昼間、仕事に支障が出るほどの眠気に襲われたりするのであれば、睡眠の質に問題があるといえます。

また、朝早く起きるために前日の夜に早く寝ることが多いですが、睡眠のサイクルに大きく影響する体内時計の観点からいうと、前日の朝に早く起きたほうが効果的です。

睡眠不足解消には、睡眠だけではなく、日常生活なども見直す必要があります。

自分の状態をしっかりと把握して、良質な睡眠をとりたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  4. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る