たとえ休日でも寝だめはダメなんです

普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。

平日は長く寝られないため、休日は長く寝ようというような考えからそのような方法を取っているのだと思われます。

しかし、睡眠は、単にその時間を足し算引き算で帳尻あわせできるような単純なものではありません。

そもそも睡眠は時間さえ確保されていれば良いというわけではなく、睡眠の質とリズム、いつ眠りに入りいつ目覚めるか、なども大切になってきます。

長く寝ていたいというのは分かりますが、たとえ長く寝ていても、朝の目覚めが悪かったり、昼間、仕事に支障が出るほどの眠気に襲われたりするのであれば、睡眠の質に問題があるといえます。

また、朝早く起きるために前日の夜に早く寝ることが多いですが、睡眠のサイクルに大きく影響する体内時計の観点からいうと、前日の朝に早く起きたほうが効果的です。

睡眠不足解消には、睡眠だけではなく、日常生活なども見直す必要があります。

自分の状態をしっかりと把握して、良質な睡眠をとりたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  2. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  3. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
ページ上部へ戻る