トレーニングの順序について

筋力トレーニングを行う際、順番は大きい筋肉を優先して行った方がいいです。
大きな筋肉を動かすためには、体力的な負担が大きくなります。
筋力トレーニングはそれぞれの筋肉の限界まで負荷をかけて行いますが、先に末端の筋力トレーニングをしていくと、いざ大きな筋肉をトレーニングするときに疲労の影響によって使用重量が低下してしまう可能性があります。
そうなると、大きな筋肉に十分な負荷がかかりにくくなってしまいます。
注意しなければいけないのは、マシンを使ったトレーニングです。
マシンは身体を固定し、狙っている筋肉を分離して鍛える目的に適した構造となっています。
筋力が小さい女性や高齢者などが筋力トレーニングを始める初期段階でマシンを使用すると、怪我の危険性などが軽減されるというメリットがありますが、あくまでも特定の筋肉しか鍛えることができません。
その他に大事なのは拮抗筋のトレーニングです。
筋肉というのはほとんどの場合がペアになっています。
腹筋と背筋、上腕二頭筋と上腕三頭筋などが拮抗筋の関係にあります。
どちらかの力が極端に強いなどバランスが悪いと、姿勢の悪化や肉離れなどの怪我を引き起こす可能性もあります。
拮抗筋をバランスよく鍛えることは身体全体のバランスを保つためにも大切なことだと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  4. 2017-5-7

    パフォーマンスを向上させる反復練習

    スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習する…
  5. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
ページ上部へ戻る