トレーニングの順序について

筋力トレーニングを行う際、順番は大きい筋肉を優先して行った方がいいです。
大きな筋肉を動かすためには、体力的な負担が大きくなります。
筋力トレーニングはそれぞれの筋肉の限界まで負荷をかけて行いますが、先に末端の筋力トレーニングをしていくと、いざ大きな筋肉をトレーニングするときに疲労の影響によって使用重量が低下してしまう可能性があります。
そうなると、大きな筋肉に十分な負荷がかかりにくくなってしまいます。
注意しなければいけないのは、マシンを使ったトレーニングです。
マシンは身体を固定し、狙っている筋肉を分離して鍛える目的に適した構造となっています。
筋力が小さい女性や高齢者などが筋力トレーニングを始める初期段階でマシンを使用すると、怪我の危険性などが軽減されるというメリットがありますが、あくまでも特定の筋肉しか鍛えることができません。
その他に大事なのは拮抗筋のトレーニングです。
筋肉というのはほとんどの場合がペアになっています。
腹筋と背筋、上腕二頭筋と上腕三頭筋などが拮抗筋の関係にあります。
どちらかの力が極端に強いなどバランスが悪いと、姿勢の悪化や肉離れなどの怪我を引き起こす可能性もあります。
拮抗筋をバランスよく鍛えることは身体全体のバランスを保つためにも大切なことだと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  2. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
  3. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  4. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  5. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る