プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。

プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。

この効果を最も活用できる時間帯がトレーニング後と睡眠中のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

トレーニング後のゴールデンタイムとは、トレーニングした後体内では成長ホルモンが盛んに分泌されるため、タンパク質の吸収が通常よりもよくなります。

この時間帯は運動直後から30分以内と言われていて、疲労回復や筋線維の修復に努めて筋肉の成長を促すことが可能になります。

しかし、プロテインが体内に吸収されるには時間がかかります。

運動後にプロテインを摂取しても消化・吸収される状態になるまで3~4時間かかってしまいます。

そのため、トレーニング後のゴールデンタイムを活かすためには、その時間を逆算してトレーニング前の食事にも気を配る必要があります。

ちなみに、プロテインに比べて吸収率の高いアミノ酸は、約30分で消化・吸収してくれるので調整がしやすくなります。

トレーニング後のゴールデンタイムと同様に、睡眠中のゴールデンタイムも消化・吸収の時間を考慮しなければなりません。

就寝する2時間前を目安にタンパク質を補給すれば、もっとも吸収されやすいといえます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  4. 2014-12-27

    肩こりに効く経穴「肩井」

    慢性的に肩凝りの方、普段は感じないのにパソコン作業が長時間続いたりすると肩が凝る方、今の季節だと寒さ…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る