プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。

プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。

この効果を最も活用できる時間帯がトレーニング後と睡眠中のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

トレーニング後のゴールデンタイムとは、トレーニングした後体内では成長ホルモンが盛んに分泌されるため、タンパク質の吸収が通常よりもよくなります。

この時間帯は運動直後から30分以内と言われていて、疲労回復や筋線維の修復に努めて筋肉の成長を促すことが可能になります。

しかし、プロテインが体内に吸収されるには時間がかかります。

運動後にプロテインを摂取しても消化・吸収される状態になるまで3~4時間かかってしまいます。

そのため、トレーニング後のゴールデンタイムを活かすためには、その時間を逆算してトレーニング前の食事にも気を配る必要があります。

ちなみに、プロテインに比べて吸収率の高いアミノ酸は、約30分で消化・吸収してくれるので調整がしやすくなります。

トレーニング後のゴールデンタイムと同様に、睡眠中のゴールデンタイムも消化・吸収の時間を考慮しなければなりません。

就寝する2時間前を目安にタンパク質を補給すれば、もっとも吸収されやすいといえます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  4. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  5. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
ページ上部へ戻る