プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。

プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。

この効果を最も活用できる時間帯がトレーニング後と睡眠中のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

トレーニング後のゴールデンタイムとは、トレーニングした後体内では成長ホルモンが盛んに分泌されるため、タンパク質の吸収が通常よりもよくなります。

この時間帯は運動直後から30分以内と言われていて、疲労回復や筋線維の修復に努めて筋肉の成長を促すことが可能になります。

しかし、プロテインが体内に吸収されるには時間がかかります。

運動後にプロテインを摂取しても消化・吸収される状態になるまで3~4時間かかってしまいます。

そのため、トレーニング後のゴールデンタイムを活かすためには、その時間を逆算してトレーニング前の食事にも気を配る必要があります。

ちなみに、プロテインに比べて吸収率の高いアミノ酸は、約30分で消化・吸収してくれるので調整がしやすくなります。

トレーニング後のゴールデンタイムと同様に、睡眠中のゴールデンタイムも消化・吸収の時間を考慮しなければなりません。

就寝する2時間前を目安にタンパク質を補給すれば、もっとも吸収されやすいといえます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  3. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
  5. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
ページ上部へ戻る