プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるありがたい存在です。

プロテインの効果は筋肉の回復・修復の促進、トレーニング疲労の緩和の2点があります。

この効果を最も活用できる時間帯がトレーニング後と睡眠中のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

トレーニング後のゴールデンタイムとは、トレーニングした後体内では成長ホルモンが盛んに分泌されるため、タンパク質の吸収が通常よりもよくなります。

この時間帯は運動直後から30分以内と言われていて、疲労回復や筋線維の修復に努めて筋肉の成長を促すことが可能になります。

しかし、プロテインが体内に吸収されるには時間がかかります。

運動後にプロテインを摂取しても消化・吸収される状態になるまで3~4時間かかってしまいます。

そのため、トレーニング後のゴールデンタイムを活かすためには、その時間を逆算してトレーニング前の食事にも気を配る必要があります。

ちなみに、プロテインに比べて吸収率の高いアミノ酸は、約30分で消化・吸収してくれるので調整がしやすくなります。

トレーニング後のゴールデンタイムと同様に、睡眠中のゴールデンタイムも消化・吸収の時間を考慮しなければなりません。

就寝する2時間前を目安にタンパク質を補給すれば、もっとも吸収されやすいといえます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  2. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  3. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  4. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
  5. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
ページ上部へ戻る