ウォーミングアップに適した運動について

ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、トレーニングする筋肉を使ったエアロビクス体操、有酸素運動が最適と言われています。
特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率的に温まります。
他にウォーキングやジョギング・踏み台昇降・腿上げなどでもいいです。
疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行えば十分です。
ウォーミングアップの時間について説明すると、筋肉は温度39度で最もパフォーマンスを発揮します。
ウォーミングアップは時間というよりも、体温を意識して行うことが大切です。
そして軽い有酸素運動では、筋肉の温度は39度以上になることはありません。
有酸素運動を始めると10分程で交感神経が働き始めるので、それ以上長い時間をかけてウォーミングアップをやってもあまり意味がないということになります。
トレーニングを重ねると、ウォーミングアップによって心拍数や呼吸数が少しずつ上がり、身体が温まったことが自覚できるようになります。
それまでは、時間を計りながら10分程度行うのがいいでしょう。
夏場の暑い時期・サウナや入浴後などは、何もしなくても身体が温まっています。
ただし、これらの要素はどれも、身体を外側から温めているので筋肉の深部まで温まっていないと考えられます。
また入浴すると、ウォーミングアップとは異なる自立神経の反応が起こります。
そのまま筋力トレーニングをすると様々な問題が生じる可能性もあります。
ウォーミングアップで刺激することにより、身体はあくまでも内側から温まってくることを頭に入れ、筋力トレーニング前には欠かさずに行うことが重要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  2. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る