パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。

例えばダンベルで80%1RMの重さを持ち上げるとしたら、たいていの人は8~10回程度挙げることができますがそれ以上はかなり厳しいと感じます。

しかしその状態からさらに身体を真の限界まで追い込み、あと2~3回プラスして挙上させる方法が、フォーストレップス法といわれています。

フォーストとは強制的、レップスとは回数を意味します。

つまりフォーストレップスとはトレーニングにおいて、強制的にあと2~3回レップ数と増やす方法です。

それはパートナーの力を借りてトレーニングを行います。

これは一般的により筋肉を追い込みたいときに行なわれます。

補助の行い方とすれば、通常のセット数までは自力のみで行います。

そして辛くなりこれ以上は無理だと感じた時に、自力では無理な動作に対して補助を受けるという流れになります。

補助を受けて反復する回数は2~3回程度に抑えましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  5. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
ページ上部へ戻る