効果的に筋肉を発達させることについて

効率的に筋肉を発達させていくには、トレーニング後の筋肉の回復をどう早めるかというのが大きなポイントの一つになります。
負荷をかけることで筋サテライト細胞が作用し、筋肉を発達させていきます。
筋サテライト細胞の主要な抗生物質はタンパク質で、トレーニング後は筋肉中のタンパク質の合成レベルが高くなります。
つまり、トレーニング後の回復期に筋肉は活発に作られます。
この回復期の間に、負荷のかかったぶんだけしっかりとした筋肉が育つようにしてあげることが大切になります。
トレーニングに慣れている筋肉だと24〜48時間かけて回復すると言われていて、普段と異なるトレーニングをした場合、筋肉の回復には2週間前後かかることもあります。
この間はトレーニングを控え、高タンパクの食事で栄養補給をしっかりとすることが大切です。
筋肉を回復させたら、間を空けずに再びトレーニングします。
要するに筋肉は負荷をかけて回復という流れで発達していくので、しっかり回復させながら頻度の高い筋力トレーニングを繰り返すことが、筋肉を発達させる一番の早道となります。
筋肉の増え方は人によってかなり異なります。
これまでほとんど筋力トレーニングをやったことがない人ほどトレーニングを行うことで筋肉の発達は早い傾向があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  2. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る