効果的に筋肉を発達させることについて

効率的に筋肉を発達させていくには、トレーニング後の筋肉の回復をどう早めるかというのが大きなポイントの一つになります。
負荷をかけることで筋サテライト細胞が作用し、筋肉を発達させていきます。
筋サテライト細胞の主要な抗生物質はタンパク質で、トレーニング後は筋肉中のタンパク質の合成レベルが高くなります。
つまり、トレーニング後の回復期に筋肉は活発に作られます。
この回復期の間に、負荷のかかったぶんだけしっかりとした筋肉が育つようにしてあげることが大切になります。
トレーニングに慣れている筋肉だと24〜48時間かけて回復すると言われていて、普段と異なるトレーニングをした場合、筋肉の回復には2週間前後かかることもあります。
この間はトレーニングを控え、高タンパクの食事で栄養補給をしっかりとすることが大切です。
筋肉を回復させたら、間を空けずに再びトレーニングします。
要するに筋肉は負荷をかけて回復という流れで発達していくので、しっかり回復させながら頻度の高い筋力トレーニングを繰り返すことが、筋肉を発達させる一番の早道となります。
筋肉の増え方は人によってかなり異なります。
これまでほとんど筋力トレーニングをやったことがない人ほどトレーニングを行うことで筋肉の発達は早い傾向があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-9

    ストレイン・カウンターストレインって知ってますか?

    ストレイン・カウンターストレインとは、オステオパシードクターであるローレンス・ジョーンズ医師により発…
  2. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  3. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  4. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  5. 2015-12-16

    アルコールとタバコ依存

    糖や脂肪のようにエネルギー源になるわけでもないのに、ヒトがついついはまってしまう嗜好品というものがあ…
ページ上部へ戻る