ストレッチで課題となる硬い筋肉を見つけ出して伸ばすことができたら、次は弱い筋肉を見つけ強化する。

1 、弱い筋肉のチェックと筋強化

エクササイズのスタート動作を試してみて、痛みを感じるようなら中止します。

痛みを感じなければ、軽めの動きから始め、痛みが出たり、目的の場所の筋肉が意識できないときは×、意識できるけれど「きつい・弱い」と感じる場合は△と付けていき、痛みがなく筋肉が意識でき、反復することができれば〇です。

徐々にステップアップしていきます。

2 、筋バランス改善のストレッチと筋強化

1の段階をクリアしたら、本格的に筋バランスの改善に取り組みます。

筋強化とストレッチは、同じ筋肉に行う方法と、別の筋肉に行う方法があります。

①目的の筋肉に、ストレッチと筋強化を交互に行う

硬くて弱い筋肉には筋強化→ストレッチ、緩んで弱い筋肉には筋強化。

②身体の左右と前後を組み合わせて行う

背筋の左を強化して右をストレッチ、腹筋を強化して背筋をストレッチ、大殿筋を強化して腸腰筋をストレッチなど。

筋強化は、筋肉の状態にあった負荷や強度を設定して行うことが重要です。

強い負荷をかけすぎると痛みが出やすくなってしまいます。

負荷は、ポジション(エクササイズの姿勢)、動かす範囲(可動域)、回数、時間、セット数、重さなどの条件で設定し調節します。

腰痛の人のエクササイズで注意しなければならないことは、軽い負荷・低強度から徐々に慎重にステップアップするという点です。

呼吸はゆっくりと行い、動作中は息を止めないようにします。

可能であれば力を出すときに息を吐きます。

筋肉が悪い状態になる要因として、運動不足・オーバーワーク・生活習慣の変化などがあげられます。

【筋強化エクササイズのポイント】

①はじめのうちはお風呂上がりが最適です。

②身体が温まっているときに行いましょう。

③呼吸を止めないで行います。

④目指す筋肉を意識しましょう。

⑤目指す筋肉ではない場所が働いていると感じたときには中止し、どのエクササイズでどこの筋肉が働いていたかメモしておきましょう。

⑥一つの筋肉に対して、1種目10回で1セット、1日3セットから始めましょう。

無理なく少しずつトレーニングを行い、改善を目指しましょう!!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  2. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  3. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
ページ上部へ戻る