クールダウンについて

筋力トレーニング終了後のクールダウンは決して欠かせません。
その理由は血流に大きく関係しています。
血液は心臓の働きで全身をくまなく循環しています。
まっすぐ立っている状態のとき、血液は重力に逆らいながら心臓に戻っていくので、血液を下半身に循環させる心臓の負担は大きいです。
その負担を補っているのがミルキングアクションです。
下半身の筋肉が血管の周囲で収縮と弛緩を繰り返し、血液の循環を補助しています。
ふくらはぎは第2の心臓と言われていますが、ミルキングアクションが行われていることからそう言われます。
強い強度のトレーニングを行うと心拍数が上がり、血流の量が多くなります。
それに応じてミルキングアクションも活発になりますが、突然動作を中止してしまうと、ミルキングアクションも止まってしまいます。
そうすると心臓に大きな負担がかかると同時に、血液の量も減ってしまい、貧血のような状態になってしまいます。
場合によってはめまい・吐き気が生じることもあります。
筋肉に対する直接的な影響もあります。
ミルキングアクションが止まることで筋肉内の血流も弱くなるため疲労物質が残ってしまい、結果として疲労回復が遅れてしまいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  2. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  3. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
ページ上部へ戻る