クールダウンについて

筋力トレーニング終了後のクールダウンは決して欠かせません。
その理由は血流に大きく関係しています。
血液は心臓の働きで全身をくまなく循環しています。
まっすぐ立っている状態のとき、血液は重力に逆らいながら心臓に戻っていくので、血液を下半身に循環させる心臓の負担は大きいです。
その負担を補っているのがミルキングアクションです。
下半身の筋肉が血管の周囲で収縮と弛緩を繰り返し、血液の循環を補助しています。
ふくらはぎは第2の心臓と言われていますが、ミルキングアクションが行われていることからそう言われます。
強い強度のトレーニングを行うと心拍数が上がり、血流の量が多くなります。
それに応じてミルキングアクションも活発になりますが、突然動作を中止してしまうと、ミルキングアクションも止まってしまいます。
そうすると心臓に大きな負担がかかると同時に、血液の量も減ってしまい、貧血のような状態になってしまいます。
場合によってはめまい・吐き気が生じることもあります。
筋肉に対する直接的な影響もあります。
ミルキングアクションが止まることで筋肉内の血流も弱くなるため疲労物質が残ってしまい、結果として疲労回復が遅れてしまいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  4. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  5. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
ページ上部へ戻る