クールダウンについて

筋力トレーニング終了後のクールダウンは決して欠かせません。
その理由は血流に大きく関係しています。
血液は心臓の働きで全身をくまなく循環しています。
まっすぐ立っている状態のとき、血液は重力に逆らいながら心臓に戻っていくので、血液を下半身に循環させる心臓の負担は大きいです。
その負担を補っているのがミルキングアクションです。
下半身の筋肉が血管の周囲で収縮と弛緩を繰り返し、血液の循環を補助しています。
ふくらはぎは第2の心臓と言われていますが、ミルキングアクションが行われていることからそう言われます。
強い強度のトレーニングを行うと心拍数が上がり、血流の量が多くなります。
それに応じてミルキングアクションも活発になりますが、突然動作を中止してしまうと、ミルキングアクションも止まってしまいます。
そうすると心臓に大きな負担がかかると同時に、血液の量も減ってしまい、貧血のような状態になってしまいます。
場合によってはめまい・吐き気が生じることもあります。
筋肉に対する直接的な影響もあります。
ミルキングアクションが止まることで筋肉内の血流も弱くなるため疲労物質が残ってしまい、結果として疲労回復が遅れてしまいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
  2. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  3. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
ページ上部へ戻る