体幹トレーニングについて

体幹は、体全体から頭と手足を除いた胴体の部分になります。
体幹筋とはその部分にある筋肉で、身体を動かしたり、姿勢を支えてバランスをとる役割をします。
具体的には、腹部を曲げる時に使う腹直筋や外腹斜筋、内臓を支える腹横筋、姿勢を維持する脊柱起立筋や腰方形筋、大腰筋などが体幹筋にあたります。
体幹トレーニングとはこれら体幹筋を主体に鍛えるトレーニングのことを言います。
体幹筋を鍛える利点は主に2つあり、1つは身体をしっかり固定させ、より安定性をますことにより、骨や内臓を支え、ぶつかった時などのふらつきを予防したり、ものを持ち上げた際に身体を固定したりといった、体を守る働きが促されます。
片足で立った時、ぐらつかずまっすぐまっすぐ立つことができるのも体幹筋の働きによります。
もう1つは可動性で、しなやかに体幹を動かすことで可動域が広がり、より大きくスムーズな動きを生み出すことができます。
アスリートがこぞって体幹トレーニングを入れているのも、体幹筋を鍛えることで動きが安定し、飛ぶ・走る・投げるといった身体能力が高められるからです。
また腹筋や腹直筋を鍛えることで姿勢が良くなったり、お腹が引っ込む効果が期待されることから、幅広い年齢層に注目されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  2. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  3. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  4. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る