ウォーミングアップの理想

ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。

特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。

筋肉の温度を10度上げると生体反応は2~2.5倍も速度が上がります。

逆に筋肉が冷えたままだと本来のパフォーマンスの半分ほどしか発揮できないこともあります。

パフォーマンスが発揮できないうちに負荷をかけてしまうとケガの原因もなってしまいます。

また筋肉が温まり筋肉の血流がよくなると代謝も活発になってきます。

効率的な筋トレを行うためにはウォーミングアップは欠かせないのです。

ウォーミングアップは疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行いましょう。

また夏場の暑い時期、サウナや入浴後などは何もしなくても体が温まっています。

ただしこれは体を外側から温めているので筋肉の深部までは温まっていません。

また入浴ではウォーミングアップとは異なる自律神経反応が起きてしまいます。

ウォーミングアップで体の内側から温まってくることを意識して筋トレ前に行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  2. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  3. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  4. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  5. 2016-3-5

    脂質やコレステロールは必ずしも悪者か?

    多くの方が脂肪について良くないイメージをもっていて、話をしていると「脂肪をできるだけ制限し、あまり食…
ページ上部へ戻る