ウォーミングアップの理想

ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。

特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。

筋肉の温度を10度上げると生体反応は2~2.5倍も速度が上がります。

逆に筋肉が冷えたままだと本来のパフォーマンスの半分ほどしか発揮できないこともあります。

パフォーマンスが発揮できないうちに負荷をかけてしまうとケガの原因もなってしまいます。

また筋肉が温まり筋肉の血流がよくなると代謝も活発になってきます。

効率的な筋トレを行うためにはウォーミングアップは欠かせないのです。

ウォーミングアップは疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行いましょう。

また夏場の暑い時期、サウナや入浴後などは何もしなくても体が温まっています。

ただしこれは体を外側から温めているので筋肉の深部までは温まっていません。

また入浴ではウォーミングアップとは異なる自律神経反応が起きてしまいます。

ウォーミングアップで体の内側から温まってくることを意識して筋トレ前に行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  2. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  3. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  4. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  5. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
ページ上部へ戻る