ウォーミングアップの理想

ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。

特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。

筋肉の温度を10度上げると生体反応は2~2.5倍も速度が上がります。

逆に筋肉が冷えたままだと本来のパフォーマンスの半分ほどしか発揮できないこともあります。

パフォーマンスが発揮できないうちに負荷をかけてしまうとケガの原因もなってしまいます。

また筋肉が温まり筋肉の血流がよくなると代謝も活発になってきます。

効率的な筋トレを行うためにはウォーミングアップは欠かせないのです。

ウォーミングアップは疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行いましょう。

また夏場の暑い時期、サウナや入浴後などは何もしなくても体が温まっています。

ただしこれは体を外側から温めているので筋肉の深部までは温まっていません。

また入浴ではウォーミングアップとは異なる自律神経反応が起きてしまいます。

ウォーミングアップで体の内側から温まってくることを意識して筋トレ前に行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  4. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
  5. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
ページ上部へ戻る