ウォーミングアップの理想

ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。

特にエアロビクスによるウォーミングアップでトレーニングする筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。

筋肉の温度を10度上げると生体反応は2~2.5倍も速度が上がります。

逆に筋肉が冷えたままだと本来のパフォーマンスの半分ほどしか発揮できないこともあります。

パフォーマンスが発揮できないうちに負荷をかけてしまうとケガの原因もなってしまいます。

また筋肉が温まり筋肉の血流がよくなると代謝も活発になってきます。

効率的な筋トレを行うためにはウォーミングアップは欠かせないのです。

ウォーミングアップは疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行いましょう。

また夏場の暑い時期、サウナや入浴後などは何もしなくても体が温まっています。

ただしこれは体を外側から温めているので筋肉の深部までは温まっていません。

また入浴ではウォーミングアップとは異なる自律神経反応が起きてしまいます。

ウォーミングアップで体の内側から温まってくることを意識して筋トレ前に行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  2. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  3. 2015-1-16

    東洋医学でいう五臓とは?

    東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示す…
  4. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  5. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
ページ上部へ戻る