筋トレで効果が出ない時の克服方法

初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。

骨格筋は、運動神経から脳の命令を伝える信号を受けて動いていますが、トレーニングを始めた頃は、運動神経に支配される筋線維の数が飛躍的に増えていくからです。

しかし、一定期間が過ぎると筋線維の数は上限に達し、当初のような目覚しい変化がなくなってきます。

この停滞期にはプログラムを見直して見ましょう。

長時間、同じプログラムだと体が受ける刺激も同じです。

腕立て伏せだと腕の幅を変えるなどバリエーションを変えてみましょう。

また、無意識に起きるオーバーワークも頭打ちになる原因の1つです。

筋肉痛や意欲の減退などに注意しながらオーバーワークが起きないようにしましょう。
食事や睡眠にも注意が必要です。

筋肉は熟睡している時間帯に成長ホルモンが分泌されます。

そのため良質な睡眠を誘う副交感神経を優位にするために少しぬるめのお湯につかるなど心身をリラックスさせましょう。

アルコールの過剰摂取も控えましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  2. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2015-3-25

    トリグリセリドの分解

    体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。ある一定以上の運動をすると脳か…
  5. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る