筋トレにおける呼吸の重要性

筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。

どの部位の筋トレでも強い力を込めるとお腹に力が入ります。

これは体幹を固定しようとするためです。

体の中心のお腹に力を入れて体幹を固定させないと、重い物は決して持ち上げることができません。

筋トレをしてお腹に力を込めたとき呼吸は止まりがちです。

筋トレで息を止めて力を込めると血圧が上昇します。

一気に血圧が上昇すると心臓に強い負担がかかり、様々な肉体的トラブルを引き起こす可能性も出てきます。

こういう力みを繰り返していると心臓の壁が必要異常に厚くなってしまいます。

もう1つの理由の酸素の供給ですが、これは呼吸で酸素を送り込み体内の働きを活性化するためです。

運動を始めると体内では代謝に必要な酸素の需要が高くなります。

そのため酸素が少ない状態では体の各機能がしっかり働かないのです。

肺の呼吸運動が活発になると心臓の働きも活発になり、血流が促がされます。

筋肉の中の血流もよくなるので、より疲労物質を押し出す動きも活発になります。

またエネルギー代謝も活発になりその際に生じる筋肉中の老廃物もリンパ液に回収されるという作用も起きます。

強い力を込める前に息を大きく吸い、力を込めるときに一気に息を吐くと高いパフォーマンスを維持したままトレーニングできるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  2. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  3. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
  4. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  5. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
ページ上部へ戻る