筋トレの後のジョギングの効果

筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。

ジョギングは有酸素運動の代表格で筋力トレーニングのパフォーマンスをアップさせる効果があります。

そのためウォーミングアップとしてジョギングを取り入れるのは効果的です。

しかし、筋力トレーニングの後にもジョギングをしたほうが、特に脂肪燃焼には大きな効果があります。

たとえば筋力トレーニングを行うと体内でエネルギーの需要が増えます。

まず体内に蓄積されている糖質がエネルギーとして使われ、燃焼されると次は脂質が使われ始めます。

ただし、筋力トレーニングによる脂質の分解や消費、つまり代謝量は少ないです。

筋力トレーニングは脂肪を分解する代謝量は低いのですが継続する時間は長いです。

トレーニングを終えてから概ね2日間続きます。

その代謝のタイミングを見逃さず、筋力トレーニングが終わった後にすぐ、出来れば1時間経ってからジョギングを始めると脂肪燃焼には大きな効果があります。

またジョギングで蓄積された疲労を軽減させる効果が得られます。

ぜひやってみてください!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  2. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  3. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  4. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る