筋トレの後のジョギングの効果

筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。

ジョギングは有酸素運動の代表格で筋力トレーニングのパフォーマンスをアップさせる効果があります。

そのためウォーミングアップとしてジョギングを取り入れるのは効果的です。

しかし、筋力トレーニングの後にもジョギングをしたほうが、特に脂肪燃焼には大きな効果があります。

たとえば筋力トレーニングを行うと体内でエネルギーの需要が増えます。

まず体内に蓄積されている糖質がエネルギーとして使われ、燃焼されると次は脂質が使われ始めます。

ただし、筋力トレーニングによる脂質の分解や消費、つまり代謝量は少ないです。

筋力トレーニングは脂肪を分解する代謝量は低いのですが継続する時間は長いです。

トレーニングを終えてから概ね2日間続きます。

その代謝のタイミングを見逃さず、筋力トレーニングが終わった後にすぐ、出来れば1時間経ってからジョギングを始めると脂肪燃焼には大きな効果があります。

またジョギングで蓄積された疲労を軽減させる効果が得られます。

ぜひやってみてください!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  4. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  5. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
ページ上部へ戻る