骨格系について

人体には、頭部29個・胸部31個・脊柱26個・上肢64個・下肢62個の計206個の骨が存在し、互いに連結しながら骨格を形成しています。
骨の構造は、外側の皮質骨と呼ばれる緻密で硬い骨と、内側の海面骨と呼ばれる網目状で脆い骨により形成されます。
骨の形状、大きさはさまざまにあり、長骨・短骨・扁平骨・含気骨・不規則骨に分類されます。
骨の役割は、体の支持・運動・臓器の保護・カルシウムの貯蔵と造血です。
骨は、人体の最も強固な支持機構であり、さまざまな器官の重量を支え、立位や座位などの身体の姿勢を支持しています。
また、筋の働きにより運動が生じる際には骨の連結部分が支点・力点・作用点として運動に貢献します。
また、脳と頭蓋骨や心臓・肺・胸郭のように、柔らかい臓器を外力から保護する役割を担っています。
さらには、身体の動きに貢献する栄養素であるカルシウムの約99%は骨に貯蔵されていて、必要に応じて血液中や細胞内に溶け出す仕組みになっています。
そして、骨の中心部にある骨髄には造血組織があり、赤血球や白血球・血小板などを生成しています。
正常な骨は、古くなった骨の破片と、新しい骨の形成を常に繰り返しながら、骨の強度を保っています。
この骨の新陳代謝をリモデリングと呼び、骨芽細胞と破骨細胞の働きによって行われています。
骨折した骨が治癒するのもリモデリングの能力が大きく関わっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  2. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
ページ上部へ戻る