骨格系について

人体には、頭部29個・胸部31個・脊柱26個・上肢64個・下肢62個の計206個の骨が存在し、互いに連結しながら骨格を形成しています。
骨の構造は、外側の皮質骨と呼ばれる緻密で硬い骨と、内側の海面骨と呼ばれる網目状で脆い骨により形成されます。
骨の形状、大きさはさまざまにあり、長骨・短骨・扁平骨・含気骨・不規則骨に分類されます。
骨の役割は、体の支持・運動・臓器の保護・カルシウムの貯蔵と造血です。
骨は、人体の最も強固な支持機構であり、さまざまな器官の重量を支え、立位や座位などの身体の姿勢を支持しています。
また、筋の働きにより運動が生じる際には骨の連結部分が支点・力点・作用点として運動に貢献します。
また、脳と頭蓋骨や心臓・肺・胸郭のように、柔らかい臓器を外力から保護する役割を担っています。
さらには、身体の動きに貢献する栄養素であるカルシウムの約99%は骨に貯蔵されていて、必要に応じて血液中や細胞内に溶け出す仕組みになっています。
そして、骨の中心部にある骨髄には造血組織があり、赤血球や白血球・血小板などを生成しています。
正常な骨は、古くなった骨の破片と、新しい骨の形成を常に繰り返しながら、骨の強度を保っています。
この骨の新陳代謝をリモデリングと呼び、骨芽細胞と破骨細胞の働きによって行われています。
骨折した骨が治癒するのもリモデリングの能力が大きく関わっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  2. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  5. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
ページ上部へ戻る