筋・腱について

筋は構造や働きの違いにより、骨格筋・心筋・平滑筋に分類されます。
骨格筋は歩く・走るなど自分が意識して動かす際に働くため不随意筋と呼ばれます。
また、骨格筋や心筋は横縞が見られるため横紋筋とも呼ばれています。
人の身体には約400個の骨格筋があり、体重のやく40%前後を占めます。
骨格筋は、筋繊維が束ねられた筋束が集合したもので、筋繊維は筋原線維により構成され、その中にはアクチンフィラメントとミオシンフィラメントから構成される筋節が規則正しく配列しています。
骨格筋は、身体の部位に応じて様々な形状をしており、筋線維が腱と平行に並ぶ紡錘状筋と筋線維が筋中央に向かって斜めに並ぶ羽状筋に分類されます。
筋力は筋全体の太さに比例しますが、羽状筋は筋線維が筋全体の方向に対して斜めに並んでいるため、筋線維全体の断面積が見かけ上の断面積よりも大きくなるので、より強い力を発揮することができます。
きんは非常に柔軟な組織であるため、そのまま骨に付着すると接合部が弱く、力の伝達がスムーズに行われなくなります。
そのため、筋は骨に接合する前に腱と連結し、腱を介して骨に付着しています。
腱は多くのコラーゲン線維により構成されており、コラーゲン線維は自在に曲がる反面、引っ張りに対しては強く抵抗し、容易に伸長されない性質を持ちます。
このコラーゲン線維が長軸方向に配列されているため、腱自体が伸び縮みすることなく筋収縮により生じた力を効果的に骨に伝達することが可能になっています。
骨格筋の直接的なエネルギー源は筋内に蓄えられたATPです。
このATPがADPに分解される時に発生するエネルギーを利用して筋収縮を行います。
また、骨格筋内に蓄積されたATPは少ないため、食事から摂取し、体内に貯蓄した糖質や脂質を分解・代謝を行うことで、筋は常にATPを再合成しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  2. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  5. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
ページ上部へ戻る