筋・腱について

筋は構造や働きの違いにより、骨格筋・心筋・平滑筋に分類されます。
骨格筋は歩く・走るなど自分が意識して動かす際に働くため不随意筋と呼ばれます。
また、骨格筋や心筋は横縞が見られるため横紋筋とも呼ばれています。
人の身体には約400個の骨格筋があり、体重のやく40%前後を占めます。
骨格筋は、筋繊維が束ねられた筋束が集合したもので、筋繊維は筋原線維により構成され、その中にはアクチンフィラメントとミオシンフィラメントから構成される筋節が規則正しく配列しています。
骨格筋は、身体の部位に応じて様々な形状をしており、筋線維が腱と平行に並ぶ紡錘状筋と筋線維が筋中央に向かって斜めに並ぶ羽状筋に分類されます。
筋力は筋全体の太さに比例しますが、羽状筋は筋線維が筋全体の方向に対して斜めに並んでいるため、筋線維全体の断面積が見かけ上の断面積よりも大きくなるので、より強い力を発揮することができます。
きんは非常に柔軟な組織であるため、そのまま骨に付着すると接合部が弱く、力の伝達がスムーズに行われなくなります。
そのため、筋は骨に接合する前に腱と連結し、腱を介して骨に付着しています。
腱は多くのコラーゲン線維により構成されており、コラーゲン線維は自在に曲がる反面、引っ張りに対しては強く抵抗し、容易に伸長されない性質を持ちます。
このコラーゲン線維が長軸方向に配列されているため、腱自体が伸び縮みすることなく筋収縮により生じた力を効果的に骨に伝達することが可能になっています。
骨格筋の直接的なエネルギー源は筋内に蓄えられたATPです。
このATPがADPに分解される時に発生するエネルギーを利用して筋収縮を行います。
また、骨格筋内に蓄積されたATPは少ないため、食事から摂取し、体内に貯蓄した糖質や脂質を分解・代謝を行うことで、筋は常にATPを再合成しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  3. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  5. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
ページ上部へ戻る