持続トレーニングとインターバルトレーニング

中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。

その中でよく知られているのは、比較的ゆっくりと長い時間をかけて運動するLSDトレーニング法です。

LSDトレーニングで運動強度は人によって異なりますが、呼吸が乱れない程度のゆっくりしたスピードで普通に会話ができる程度が目安です。

高齢者などの体力レベルの低い人やコンディショニングの状態にある人では、ニコニコペースの運動が最適です。

この運動は、ATよりやや軽い運動であり、身体に無理がないので、安全性が高い有酸素運動です。

ニコニコペースはRPEが11~12程度で、運動中に息苦しいと感じない強度です。

運動による膝や腰への負担が心配な人には、ニコニコペースの水中ウォーキングが推奨されます。

インターバルトレーニングは、運動と不完全休息を交互に繰り返す方法です。

主に長距離選手やマラソン選手の専門的なトレーニングとして用いられてきました。

今日では、水泳やそのほかの競技種目においても広く実施されています。

運動期間と休息時間を適当に設定することによって、様々のインターバルトレーニングプロトコルが提案されています。

なかでもタバタプロトコルは有名で、6週間実施した結果被験者の無酸素性持久力と有酸素性持久力が28%増加したことが報告されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-19

    かつおぶしに注目!!

    近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。そ…
  2. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  3. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  4. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  5. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
ページ上部へ戻る