持続トレーニングとインターバルトレーニング

中強度あるいはそれ以上の運動強度の運動を長時間持続いて行うものを、持続トレーニングといいます。

その中でよく知られているのは、比較的ゆっくりと長い時間をかけて運動するLSDトレーニング法です。

LSDトレーニングで運動強度は人によって異なりますが、呼吸が乱れない程度のゆっくりしたスピードで普通に会話ができる程度が目安です。

高齢者などの体力レベルの低い人やコンディショニングの状態にある人では、ニコニコペースの運動が最適です。

この運動は、ATよりやや軽い運動であり、身体に無理がないので、安全性が高い有酸素運動です。

ニコニコペースはRPEが11~12程度で、運動中に息苦しいと感じない強度です。

運動による膝や腰への負担が心配な人には、ニコニコペースの水中ウォーキングが推奨されます。

インターバルトレーニングは、運動と不完全休息を交互に繰り返す方法です。

主に長距離選手やマラソン選手の専門的なトレーニングとして用いられてきました。

今日では、水泳やそのほかの競技種目においても広く実施されています。

運動期間と休息時間を適当に設定することによって、様々のインターバルトレーニングプロトコルが提案されています。

なかでもタバタプロトコルは有名で、6週間実施した結果被験者の無酸素性持久力と有酸素性持久力が28%増加したことが報告されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  2. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  3. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  4. 2014-12-16

    お酢を飲むと体が柔らかくなる・・?

    世の中には、合理的な根拠は欠いているものの、多くの人に信じられている迷信がたくさんあります。…
  5. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
ページ上部へ戻る