体重と筋力のバランスについて

筋力の強さは、筋の断面積に比例します。
したがって、身体が大きければ、筋の断面積も大きくなるので筋力自体も強くなります。
しかし、体重当たりの筋力を考えるとき、身体が大きいと相対的に小さくなることに留意すべきです。
体重が重ければ重いほど、筋肉の全体量も多くなるのは当然です。
しかし、筋力評価において、筋力を体重で割った値を用いると、一見合理的のようですが、筋力は、筋肉量ではなく、筋の断面積に比例するため、体重が大きく異なる人同士の筋力評価においては、注意が必要です。
体重50kgの人と100kgの人、2人ともが100kgの錘を挙上できる場合、体重あたりの筋力は50kgの人の方が2倍の筋力を持っています。
また、体重50kgの男性で、握力が50kgということはあり得ますが、体重100kgで握力が100kgということはまずありません。
重量挙げなどの成績を体重で割れば、軽量級の方の値が高くなって当然です。
つまり身体が小さい方が筋力それ自体は高くなくても、体重当たりの筋力が高くなるため、自分の筋力で、身体をコントロールするのは容易になります。
それに比べて、身体が大きいと、筋力自体は高くても、体重当たりの筋力は低く、自分の筋力で身体を自在にコントロールすることは容易ではありません。
これは、体重と筋力との関係から起こることであって、身体の大きな人の方が、筋の能力が低いわけではありません。
一方、伸展と屈曲のように、拮抗する筋相互のバランスや、左右差・上肢と下肢の比較などの点で、筋力を評価する場合には、体格を考慮する必要はありません。
例えば、膝の筋力では伸展力に比べると屈曲力の方が小さいですが、その比率が伸展力に対し、屈曲力が60%以下になると、膝の障害を起こしやすいと言われます。
また、利き手と非利き手で、筋力に差があるのは仕方ないですが、スポーツ選手にとって、その差が大きすぎるのは好ましくないと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2015-6-1

    この時期から暑熱馴化を

    最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避し…
  3. 2015-10-1

    腱の生理学的機能

    腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。ま…
  4. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  5. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
ページ上部へ戻る