体重と筋力のバランスについて

筋力の強さは、筋の断面積に比例します。
したがって、身体が大きければ、筋の断面積も大きくなるので筋力自体も強くなります。
しかし、体重当たりの筋力を考えるとき、身体が大きいと相対的に小さくなることに留意すべきです。
体重が重ければ重いほど、筋肉の全体量も多くなるのは当然です。
しかし、筋力評価において、筋力を体重で割った値を用いると、一見合理的のようですが、筋力は、筋肉量ではなく、筋の断面積に比例するため、体重が大きく異なる人同士の筋力評価においては、注意が必要です。
体重50kgの人と100kgの人、2人ともが100kgの錘を挙上できる場合、体重あたりの筋力は50kgの人の方が2倍の筋力を持っています。
また、体重50kgの男性で、握力が50kgということはあり得ますが、体重100kgで握力が100kgということはまずありません。
重量挙げなどの成績を体重で割れば、軽量級の方の値が高くなって当然です。
つまり身体が小さい方が筋力それ自体は高くなくても、体重当たりの筋力が高くなるため、自分の筋力で、身体をコントロールするのは容易になります。
それに比べて、身体が大きいと、筋力自体は高くても、体重当たりの筋力は低く、自分の筋力で身体を自在にコントロールすることは容易ではありません。
これは、体重と筋力との関係から起こることであって、身体の大きな人の方が、筋の能力が低いわけではありません。
一方、伸展と屈曲のように、拮抗する筋相互のバランスや、左右差・上肢と下肢の比較などの点で、筋力を評価する場合には、体格を考慮する必要はありません。
例えば、膝の筋力では伸展力に比べると屈曲力の方が小さいですが、その比率が伸展力に対し、屈曲力が60%以下になると、膝の障害を起こしやすいと言われます。
また、利き手と非利き手で、筋力に差があるのは仕方ないですが、スポーツ選手にとって、その差が大きすぎるのは好ましくないと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  2. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  3. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  4. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  5. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
ページ上部へ戻る