エクササイズについて

一般的にエクササイズとは、身体を動かすこと・運動などを意味しますが、厚生労働省が健康維持・生活習慣病予防のために策定した運動量の尺度になります。
運動と日常生活に、運動強度と時間をもとにして、エクササイズという単位を設定し、生活の中に運動を取り入れる目安として推奨しています。
具体的には1週間に必要な運動量は、23エクササイズ以上、そのうち4エクササイズ以上は活発な運動を行うことで、健康維持や生活習慣病の予防を図るというものです。
エクササイズには、スポーツだけでなく、散歩や庭仕事など日常の生活動作も含め、ライフスタイルに合わせられるようになっています。
活動強度の尺度として、その活動が安静代謝の何倍に相当するか示す尺度がメッツになります。
このメッツに活動した時間をかけるとエクササイズになります。
3メッツの活動を20分行うと1エクササイズになります。
倍の強度である6メッツなら10分で1エクササイズになり、軽い運動はカウントしません。
1エクササイズに相当するエネルギー消費量は体重によって違うため、体重別にエネルギー消費量を計算できる簡易計算式で算出します。
活動的な人は、毎日3エクササイズを取り入れ、週に1度2エクササイズを加えればいいです。
週末以外は時間が取れない人は、毎日1エクササイズを消化し、週末にややきつめの運動を90分ずつ2日行えば23エクササイズになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-23

    「不定愁訴」に気をつけましょう。

    現代では、「身体がだるい」、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」など、「なんとなく体…
  2. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  3. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  4. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る