エクササイズについて

一般的にエクササイズとは、身体を動かすこと・運動などを意味しますが、厚生労働省が健康維持・生活習慣病予防のために策定した運動量の尺度になります。
運動と日常生活に、運動強度と時間をもとにして、エクササイズという単位を設定し、生活の中に運動を取り入れる目安として推奨しています。
具体的には1週間に必要な運動量は、23エクササイズ以上、そのうち4エクササイズ以上は活発な運動を行うことで、健康維持や生活習慣病の予防を図るというものです。
エクササイズには、スポーツだけでなく、散歩や庭仕事など日常の生活動作も含め、ライフスタイルに合わせられるようになっています。
活動強度の尺度として、その活動が安静代謝の何倍に相当するか示す尺度がメッツになります。
このメッツに活動した時間をかけるとエクササイズになります。
3メッツの活動を20分行うと1エクササイズになります。
倍の強度である6メッツなら10分で1エクササイズになり、軽い運動はカウントしません。
1エクササイズに相当するエネルギー消費量は体重によって違うため、体重別にエネルギー消費量を計算できる簡易計算式で算出します。
活動的な人は、毎日3エクササイズを取り入れ、週に1度2エクササイズを加えればいいです。
週末以外は時間が取れない人は、毎日1エクササイズを消化し、週末にややきつめの運動を90分ずつ2日行えば23エクササイズになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  3. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  4. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  5. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
ページ上部へ戻る