トレーニングマネジメント

競技志向・健康志向どちらにおいてもトレーニングの目的は、身体能力の向上にあります。
競技志向ではより高いパフォーマンスを目指し、健康志向では生活の質向上を目指して行われます。
身体能力は体力と運動技能に大別されます。
体力は、筋力トレーニングといった運動刺激や、高所トレーニングのような環境刺激に対する身体の適応反応を利用して高めることができます。
一方、運動技能は脳・神経系・筋骨格系など身体に備わる各システムの統合と制御の最適化を、技術・フォーム練習などの運動学習で図り高めていきます。
したがって、トレーニングを効果的に進めるには、身体の仕組みと、目的に適したトレーニング実践についての理解、さらに心身に故障が起こらないように、スポーツ障害や食事・休養についての知識を持つことが重要になります。
さて、トレーニングの基礎理論を実践に活かすためには少し工夫が必要です。
各理論は、化学的研究により普遍化されたもの、あるいは多くの人々によって反復され、効率的で効果的であることが時間をかけて証明されてきた知恵・コツ・ノウハウといった、ベストプラクティスです。
現存するベストプラクティスの中から選択してトレーニングを行うこと、つまり基礎理論に基づきトレーニングを組み立てていくことで、大きく的をはずずことがなく、効率よくトレーニングを進めることができます。
ただしどうしてもその適応具合には個人差があります。
そして、そのギャップを把握しプランを修正していくことがトレーニング効果を高める鍵になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  2. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  5. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
ページ上部へ戻る