トレーニングマネジメント

競技志向・健康志向どちらにおいてもトレーニングの目的は、身体能力の向上にあります。
競技志向ではより高いパフォーマンスを目指し、健康志向では生活の質向上を目指して行われます。
身体能力は体力と運動技能に大別されます。
体力は、筋力トレーニングといった運動刺激や、高所トレーニングのような環境刺激に対する身体の適応反応を利用して高めることができます。
一方、運動技能は脳・神経系・筋骨格系など身体に備わる各システムの統合と制御の最適化を、技術・フォーム練習などの運動学習で図り高めていきます。
したがって、トレーニングを効果的に進めるには、身体の仕組みと、目的に適したトレーニング実践についての理解、さらに心身に故障が起こらないように、スポーツ障害や食事・休養についての知識を持つことが重要になります。
さて、トレーニングの基礎理論を実践に活かすためには少し工夫が必要です。
各理論は、化学的研究により普遍化されたもの、あるいは多くの人々によって反復され、効率的で効果的であることが時間をかけて証明されてきた知恵・コツ・ノウハウといった、ベストプラクティスです。
現存するベストプラクティスの中から選択してトレーニングを行うこと、つまり基礎理論に基づきトレーニングを組み立てていくことで、大きく的をはずずことがなく、効率よくトレーニングを進めることができます。
ただしどうしてもその適応具合には個人差があります。
そして、そのギャップを把握しプランを修正していくことがトレーニング効果を高める鍵になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  2. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  5. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
ページ上部へ戻る