バランスエクササイズの効果

バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60歳代前半の平衡性は20歳を100%とすると20%に低下すると報告されています。

しかし、バランス能力を向上させる方法として筋力エクササイズのみでは効果は少なく、バランスエクササイズが有効になります。

バランスエクササイズの中でも、バランスパットやバランスディスク、BOSU、バランスボールなどの不安定ツールは、その簡便性からスポーツの現場でもよく用いられます。

バランスパッド上での立位保持では床上立位に比べ足圧中心の動揺が増加し、前脛骨筋などの下肢筋活動が増大します。

バランスパッドはバランスディスクと異なり、パッド自体が傾かないため支持基底面内で重心位置を保つ静的バランスエクササイズで、足関節戦略による姿勢制御反応を促通する可能性が示唆されています。

一方、バランスディスクやBOSUは圧中心の変化に合わせて前後左右に傾くツールで重心位置が支持基底面から逸脱しないようコントロールするエクササイズになります。

さらにエクササイズの難易度をあげるためには、バランスツール上で立位を保ちながら上肢の運動や片脚立位、バランスツール上への跳び乗り動作など汎用性は高く、バランスツールの特性や効果を理解しながら、より効果的なエクササイズを選択する必要があります。

こららのバランスツールをスポーツ外傷後に用いる場合は、全荷重が許可され、またスクワット動作でニーインのような動的アライメントの不良が改善されてからになります。

しかし、タオルギャザーや足底でのボール転がしのような足底感覚刺激や体幹エクササイズは神経筋コントロールに影響を与え、静的バランス能力を向上させるといわれています。

非荷重の時期でも実施可能なこれらのエクササイズは、その後のバランスエクササイズに向けて積極的に導入しても良いと思われます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  2. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  3. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  4. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  5. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
ページ上部へ戻る