エクササイズのステップアップ

ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、⓷個別性です。

対象者が有する機能性(安定性や可動性)を把握してエクササイズの種目と強度を立案する必要があります。

もし能力以上の過度な運動強度や負荷強度に晒されれば、身体には過負荷を招くことになります。

第1ステップでは、「姿勢」「動作」「筋活動」の相互間で生じている異常や非効率性の正常化を図ります。

静的な「姿勢」は「動作」や「筋活動」の習性を推察するうえで重要な要素となります。

ここでの目的は⓵脊椎ー骨盤ー肩甲骨の十分な自動可動性が得られていること、⓶四肢挙動に対してアライメントが崩されないことです。

すなわち、「姿勢」「動作」「筋活動」の相互間の問題で生じる関節への局所的負担がない状態にすることを目指します。

これらの3つの要素のうち最も学習しやすいものから修正を図りますが、付加的因子が絡んで複雑化している場合もあり、注意が必要です。

第2のステップでは、体幹への直接的負荷に対して静的・動的に姿勢をコントロールすることを目的とします。

体幹の静的コントロールでは、静的な負荷に対して体幹を動揺させずに保持させ、徐々に四肢挙動や不安定面を用いて負荷強度を高めます。

体幹の動的コントロールでは、身体の内的コントロールを維持しながら体幹が挙動できるようにします。

第3のステップでは、対象者が求めるゴールに即した特異的なアプローチを展開していきます。

特にスポーツのような爆発的な動作をケガなく高いパフォーマンスで遂行するには、内的コントロールと静的・動的コントロールに加えて、神経系コントロールで調和された身体制御を獲得することが重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  2. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  3. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  4. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  5. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る