エクササイズのステップアップ

ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、⓷個別性です。

対象者が有する機能性(安定性や可動性)を把握してエクササイズの種目と強度を立案する必要があります。

もし能力以上の過度な運動強度や負荷強度に晒されれば、身体には過負荷を招くことになります。

第1ステップでは、「姿勢」「動作」「筋活動」の相互間で生じている異常や非効率性の正常化を図ります。

静的な「姿勢」は「動作」や「筋活動」の習性を推察するうえで重要な要素となります。

ここでの目的は⓵脊椎ー骨盤ー肩甲骨の十分な自動可動性が得られていること、⓶四肢挙動に対してアライメントが崩されないことです。

すなわち、「姿勢」「動作」「筋活動」の相互間の問題で生じる関節への局所的負担がない状態にすることを目指します。

これらの3つの要素のうち最も学習しやすいものから修正を図りますが、付加的因子が絡んで複雑化している場合もあり、注意が必要です。

第2のステップでは、体幹への直接的負荷に対して静的・動的に姿勢をコントロールすることを目的とします。

体幹の静的コントロールでは、静的な負荷に対して体幹を動揺させずに保持させ、徐々に四肢挙動や不安定面を用いて負荷強度を高めます。

体幹の動的コントロールでは、身体の内的コントロールを維持しながら体幹が挙動できるようにします。

第3のステップでは、対象者が求めるゴールに即した特異的なアプローチを展開していきます。

特にスポーツのような爆発的な動作をケガなく高いパフォーマンスで遂行するには、内的コントロールと静的・動的コントロールに加えて、神経系コントロールで調和された身体制御を獲得することが重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  2. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  5. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
ページ上部へ戻る