体幹の筋の機能

体幹の筋の機能は、表在筋群からなるグローバルシステムと深部筋群からなるローカルシステムに大別されます。

それぞれの機能的な役割を理解することは、ケガをしない身体をつくること、パフォーマンスを高めることにとって重要になります。

グローバルシステムは、身体に作用する重力や外力に対して身体の均衡を保つことに寄与します。

胸郭と骨盤帯に筋の付着をもつ筋群で、主に腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、脊柱起立筋で構成されます。

たとえば、前方に倒れそうな場合には背面の筋が働き、後方に倒れそうな場合には前面の筋が働くといった相働性活動が特徴的です。

また、衝突のような強い外乱負荷や重量物を扱うときには、両側の筋群を同時収縮させて体幹の剛性を高める働きにも関与しています。

主要な筋群は胸郭と骨盤帯に付着するため、胸郭と骨盤の位置関係を変えるような運動に関わります。

一方、これらの筋群は脊椎に付着しないため、椎間関節の運動を微調整するような働きはできません。

ローカルシステムは脊椎椎間関節の平衡化や関節運動の円滑化に寄与します。

脊柱に起始から停止をもち、主に腹横筋、腰部多裂筋、横隔膜、骨盤底筋で構成されます。

深部筋群は、表在筋群の相働性活動と対象に、運動方向に関わらず持続性に活動することが特徴的です。

腹横筋は、上肢の主動作筋の筋活動に先行して筋活動が出現します。

腰痛を有する人では、この腹横筋の筋活動開始が上肢の主動作筋の筋活動より遅れていたことが報告されており、腹横筋の機能低下と椎間の微調整能力低下との関連が示唆されています。

また、ローカルシステムは共同収縮によって腹腔内圧の上昇にも寄与します。

瞬間的にいきむ動作では、腹腔内圧の急激な上昇によって腰部椎間や腹腔内容物の剛性を瞬時に高める効果があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  2. 2016-4-10

    筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなるこ…
  3. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  4. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  5. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
ページ上部へ戻る