持久力トレーニングの仕組みについて

持久力とは、ある一定の強度の運動を長時間続ける能力です。
スポーツで必要とされる持久力には大きく分けて、身体の一部分を集中的に使う持続力を指す筋持久力と全身運動の持続力を指す全身持久力の2週類があります。
全身持久力の鍵となるのは酸素摂取能力になり、空気から取り込んだ酸素を筋肉に運ぶ呼吸循環器系能力と、その酸素を使ってエネルギーを作り出す筋肉の代謝能力により決まります。
スポーツの種目によって必要とされる持久力のレベルは大きく異なりますが、使われるエネルギー量が多い種目においては持久力が重要な体力要素の一つになります。
持久力の指標となるのは最大酸素摂取量やAT/LTですが、いずれも専門的な機器を用いた測定が必要になります。
用いない場合は運動中の心拍数をもとに推定したり、シャトルランや各種タイムトライやるなどによって評価する場合が多いです。
主なトレーニング種目としてはランニング・水泳・サイクリングなどがあります。
トレッドミルや自転車エルゴメーターなどを用いれば負荷の設定が容易になります。
また、負荷のかけ方によってトレーニングを分類すると持続トレーニング・インターバルトレーニング・レペティショントレーニングなどが挙げられます。
トレーニングの運動様式・強度・時間・回数などの具体的な設定は、組み合わせが無数に存在しますが、競技の特性や目的・体力レベルなどに合わせた調整が必要です。
運動様式は、通常その運動種目そのものや類似した動作のものとする場合が多いですが、異なる種目や動作で行う場合もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  2. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  3. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  4. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  5. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
ページ上部へ戻る