持久力トレーニングの仕組みについて

持久力とは、ある一定の強度の運動を長時間続ける能力です。
スポーツで必要とされる持久力には大きく分けて、身体の一部分を集中的に使う持続力を指す筋持久力と全身運動の持続力を指す全身持久力の2週類があります。
全身持久力の鍵となるのは酸素摂取能力になり、空気から取り込んだ酸素を筋肉に運ぶ呼吸循環器系能力と、その酸素を使ってエネルギーを作り出す筋肉の代謝能力により決まります。
スポーツの種目によって必要とされる持久力のレベルは大きく異なりますが、使われるエネルギー量が多い種目においては持久力が重要な体力要素の一つになります。
持久力の指標となるのは最大酸素摂取量やAT/LTですが、いずれも専門的な機器を用いた測定が必要になります。
用いない場合は運動中の心拍数をもとに推定したり、シャトルランや各種タイムトライやるなどによって評価する場合が多いです。
主なトレーニング種目としてはランニング・水泳・サイクリングなどがあります。
トレッドミルや自転車エルゴメーターなどを用いれば負荷の設定が容易になります。
また、負荷のかけ方によってトレーニングを分類すると持続トレーニング・インターバルトレーニング・レペティショントレーニングなどが挙げられます。
トレーニングの運動様式・強度・時間・回数などの具体的な設定は、組み合わせが無数に存在しますが、競技の特性や目的・体力レベルなどに合わせた調整が必要です。
運動様式は、通常その運動種目そのものや類似した動作のものとする場合が多いですが、異なる種目や動作で行う場合もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  4. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  5. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
ページ上部へ戻る