スポーツ種目とスピードトレーニングについて

競技スポーツでは、種目によって要求されるスピードの質が異なります。
したがって、それに応じたトレーニングが必要になり、筋力トレーニングも、そのスピードとの関連を考えて行うことが必要になります。
多くの競技スポーツで素早い移動が要求されますが、野球の走塁・ラグビーのウイングやサッカーのサイドバックの走りなどを除けば、全力で行うのは10m以内が大半です。
また、動作開始・加速・最高速・減速・停止などの要素が考えられますが、競技種目、ポジションによって異なるスピード能力が要求されます。
シーズンオフには、一般的なダッシュやスピードトレーニングを行うのがいいですが、試合期には、動作開始・加速・最高速・減速・停止など、その競技やポジションに要求されるスピード能力のトレーニングを中心にすることが大切になります。
ただし、身体の成長のピークを過ぎていないジュニア期には、基礎的なスピード能力を重視するべきです。
一方、陸上競技の走りには停止はなく、減速もほとんどないため、タイムをどれだけ短縮できるかという速さが重要になります。
しかし、陸上競技以外でのスポーツはプレーにつながる速さが重要になります。
したがって、種目・ポジションなどによって変わるスピードを想定して、日常のトレーニングや筋力トレーニングを行うことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  2. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  3. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  4. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  5. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
ページ上部へ戻る