運動負荷試験について

運動負荷試験とは、安静時に発見しにくい潜在的な狭心症や不整脈などを発見するための検査で、心臓病患者では運動耐容能や心予備能の評価に使われます。
例えば、冠動脈硬化などがあって冠不全というケースの人でも、安静時には酸素消費が少なく、心臓も大きな仕事を要求されないので、心電図には何も異常が出ないことがあります。
そこで、トレッドミルや自転車エルゴメーター運動を、軽い負荷から段階的に負荷量を増やして心臓に運動負担をかけていき、運動前・運動後を通じて、連続的に心電図と血圧をモニターして、異常の有無をチェックします。
自覚症状や異常所見が発現するまで、あるいは目標心拍数まで運動を続ける運動負荷試験を行うと、潜在的な心疾患の発見率が高くなります。
トレッドミルを用いる方法としては、3分ごとに速度と傾斜を増加させる方法が、一般的で、自転車エルゴメーターでは、連続的に運動強度を高めていく方法が一般的になります。
踏み台の昇り降りを繰り返す簡易な試験法もあります。
なお、実施にあたっては、急に強い負荷がかからないように、あるいはテストが長引かないように、年齢や体力水準に合わせて、強度の上げ方を変えています。
運動中は、心電図を記録するための電極を胸につけ、心電図・血圧・自覚症状がモニターされ、自覚症状や異常所見があればその時点で、なければ目標心拍数を目安に行わせ、回復過程もモニターします。
スポーツ選手は、競技中に心臓に強い負荷がかかる場面が多いので、メディカルチェックとして、運動負荷試験を受けていることは重要になります。
また、一般の人がスポーツを楽しむ場合でも、潜在的な心疾患があれば危険ですが、安静時の心電図検査などでは異常が発見しにくいので、運動負荷試験を受けることが望ましいです。
そして、運動負荷試験を行うことによって、心臓に問題のある人でも、自身にとって危険が少ない運動強度を数量的に確認することができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  2. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  3. 2017-3-14

    体幹の筋の機能

    体幹の筋の機能は、表在筋群からなるグローバルシステムと深部筋群からなるローカルシステムに大別されます…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
ページ上部へ戻る