運動負荷試験について

運動負荷試験とは、安静時に発見しにくい潜在的な狭心症や不整脈などを発見するための検査で、心臓病患者では運動耐容能や心予備能の評価に使われます。
例えば、冠動脈硬化などがあって冠不全というケースの人でも、安静時には酸素消費が少なく、心臓も大きな仕事を要求されないので、心電図には何も異常が出ないことがあります。
そこで、トレッドミルや自転車エルゴメーター運動を、軽い負荷から段階的に負荷量を増やして心臓に運動負担をかけていき、運動前・運動後を通じて、連続的に心電図と血圧をモニターして、異常の有無をチェックします。
自覚症状や異常所見が発現するまで、あるいは目標心拍数まで運動を続ける運動負荷試験を行うと、潜在的な心疾患の発見率が高くなります。
トレッドミルを用いる方法としては、3分ごとに速度と傾斜を増加させる方法が、一般的で、自転車エルゴメーターでは、連続的に運動強度を高めていく方法が一般的になります。
踏み台の昇り降りを繰り返す簡易な試験法もあります。
なお、実施にあたっては、急に強い負荷がかからないように、あるいはテストが長引かないように、年齢や体力水準に合わせて、強度の上げ方を変えています。
運動中は、心電図を記録するための電極を胸につけ、心電図・血圧・自覚症状がモニターされ、自覚症状や異常所見があればその時点で、なければ目標心拍数を目安に行わせ、回復過程もモニターします。
スポーツ選手は、競技中に心臓に強い負荷がかかる場面が多いので、メディカルチェックとして、運動負荷試験を受けていることは重要になります。
また、一般の人がスポーツを楽しむ場合でも、潜在的な心疾患があれば危険ですが、安静時の心電図検査などでは異常が発見しにくいので、運動負荷試験を受けることが望ましいです。
そして、運動負荷試験を行うことによって、心臓に問題のある人でも、自身にとって危険が少ない運動強度を数量的に確認することができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  3. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  4. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  5. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る