老化を左右するテロメア

昔から、老化の予防には運動といいます。

実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身体機能の改善などでその効果を体感しているかと思います。

そういった意味では、運動は老化の予防に対して大きな役割を果たしていますが、もっと根本的な、細胞レベルでの老化に対しての効果については、あまり解明されていませんでした。

細胞の核にある染色体の末端に「テロメア」という構造物があります。

テロメアは、細胞分裂のたびに短くなり、細胞は50~60回しか分裂できません。

テロメアが短くなりすぎると、染色体を保護できなくなり、細胞が死ぬと考えられています。

テロメアは歳を重ねるにつれて短くなり、このテロメアの短縮による細胞の老化は、あらゆる老化現象と関係があるとされています。

ある研究で、被験者を、運動習慣のある若者・ない若者、運動習慣のある高齢者・ない高齢者の4つのグループに分けてテロメアの長さを比較したところ、若者のグループではほとんど差がなく、運動習慣のある高齢者グループで若者より少し短く、ない高齢者グループでは極端に短いという結果が出ました。

さらに高齢者のグループを対象に有酸素運動能力とテロメアを調査したところ、有酸素運動能力が高い人ほどテロメアが長いことが分かりました。

このことから、有酸素運動によってDNAを実年齢よりも数十年も若く保てると考えることが出来ます。

また、780人の心疾患のある被験者を調査したところ、テロメアの長さが短い患者ほど4年以内の死亡率が高いことも分かっています。

他の研究でも同様の結果で出ていたり、運動によってテロメアの短縮を防ぐ酵素の活性化が認められたりしています。

やはり、老化の予防には運動は間違いないものなのでしょう。

また、テロメアを伸長させるテロメラーゼという酵素が発見された当初、この酵素によって長寿が可能になるのではと考えられました。

ところが動物実験で体内のテロメラーゼの濃度を上げるとがん発生の可能性が高くなることが判明しました。

現在は、がんのテロメラーゼ活性を抑制したり、テロメラーゼを発現する細胞を攻撃したりするがん治療薬などの研究が進められています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-21

    肩関節の評価の考え方

    肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではない…
  2. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る