負荷に自重を用いる場合の留意点

筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋および筋群の筋力水準に依存します。

しかし、自重を負荷として用いる筋力エクササイズは、日常生活動作をエクササイズ動作として利用して行えるトレーニングであり、運動場所や参加人数などの制約を受けず、簡単に実施できるという利点があります。

今までは、筋力エクササイズ時の自重の負荷は比較的低負荷・低強度であると考えられてきました。

しかし、筋力水準の低い介護保険利用者などの虚弱高齢者に対しては、自重は高強度の負荷となりうることがあります。

これは、ケガから復帰過程でアスレティックリハビリテーションを実施している競技者でも同様であると考えられます。

また、自重による負荷は個々の筋力水準の違いがその負荷強度を決定します。

自重を負荷としてスクワット動作による大腿四頭筋への筋力エクササイズを実施した場合、そのトレーニング効果はトレーニング開始時の筋力水準に依存しています。

このことは筋力水準の低いものほど高いトレーニング効果が出るが、反対に筋力水準が高い者に関しては、自重による負荷では負荷強度が不足しておりトレーニング効果が認められないなど自重負荷による筋力エクササイズの限界も同時に表しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  2. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  3. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
ページ上部へ戻る