負荷に自重を用いる場合の留意点

筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋および筋群の筋力水準に依存します。

しかし、自重を負荷として用いる筋力エクササイズは、日常生活動作をエクササイズ動作として利用して行えるトレーニングであり、運動場所や参加人数などの制約を受けず、簡単に実施できるという利点があります。

今までは、筋力エクササイズ時の自重の負荷は比較的低負荷・低強度であると考えられてきました。

しかし、筋力水準の低い介護保険利用者などの虚弱高齢者に対しては、自重は高強度の負荷となりうることがあります。

これは、ケガから復帰過程でアスレティックリハビリテーションを実施している競技者でも同様であると考えられます。

また、自重による負荷は個々の筋力水準の違いがその負荷強度を決定します。

自重を負荷としてスクワット動作による大腿四頭筋への筋力エクササイズを実施した場合、そのトレーニング効果はトレーニング開始時の筋力水準に依存しています。

このことは筋力水準の低いものほど高いトレーニング効果が出るが、反対に筋力水準が高い者に関しては、自重による負荷では負荷強度が不足しておりトレーニング効果が認められないなど自重負荷による筋力エクササイズの限界も同時に表しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  2. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど...今回は…
  3. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  4. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  5. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
ページ上部へ戻る