負荷に自重を用いる場合の留意点

筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋および筋群の筋力水準に依存します。

しかし、自重を負荷として用いる筋力エクササイズは、日常生活動作をエクササイズ動作として利用して行えるトレーニングであり、運動場所や参加人数などの制約を受けず、簡単に実施できるという利点があります。

今までは、筋力エクササイズ時の自重の負荷は比較的低負荷・低強度であると考えられてきました。

しかし、筋力水準の低い介護保険利用者などの虚弱高齢者に対しては、自重は高強度の負荷となりうることがあります。

これは、ケガから復帰過程でアスレティックリハビリテーションを実施している競技者でも同様であると考えられます。

また、自重による負荷は個々の筋力水準の違いがその負荷強度を決定します。

自重を負荷としてスクワット動作による大腿四頭筋への筋力エクササイズを実施した場合、そのトレーニング効果はトレーニング開始時の筋力水準に依存しています。

このことは筋力水準の低いものほど高いトレーニング効果が出るが、反対に筋力水準が高い者に関しては、自重による負荷では負荷強度が不足しておりトレーニング効果が認められないなど自重負荷による筋力エクササイズの限界も同時に表しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  5. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
ページ上部へ戻る