コーディネーショントレーニングについて

コーディネーショントレーニングとは、行動を調整する能力を高めようとするトレーニングで、ジュニアきでは、身体と脳・神経系統のバランスのいい発育を促して、成人期では、運動を円滑に、性格に行う能力を向上させて、技術の習得や洗練の基礎となるトレーニングになります。
スポーツのトレーニングには、体力トレーニングと専門技術・戦術の練習などがあり、体力トレーニングでは、筋力とスピード・持久力が重視されています。
体力の構成要素としては、行動を起こす能力・調整する能力・持続する能力がありますが、そのうち、行動を調整する能力の中に、コーディネーションする能力があります。
コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知して、それを頭で判断し、筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力になり、能力を高めるのが狙いになります。
コーディネーション能力で重要なのは、課題そのものの速さや強さではなく、その基礎となる体幹や四肢、上肢・下肢など身体の内部の連携で、新しい技術の習得や技術の洗礼を円滑にする基礎作りが目的で、課題そのものが目的ではありません。
またコーディネーショントレーニングとは、SAQトレーニングとともに行う際に意識性の原則が重要となるトレーニングいなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
ページ上部へ戻る