コーディネーショントレーニングについて

コーディネーショントレーニングとは、行動を調整する能力を高めようとするトレーニングで、ジュニアきでは、身体と脳・神経系統のバランスのいい発育を促して、成人期では、運動を円滑に、性格に行う能力を向上させて、技術の習得や洗練の基礎となるトレーニングになります。
スポーツのトレーニングには、体力トレーニングと専門技術・戦術の練習などがあり、体力トレーニングでは、筋力とスピード・持久力が重視されています。
体力の構成要素としては、行動を起こす能力・調整する能力・持続する能力がありますが、そのうち、行動を調整する能力の中に、コーディネーションする能力があります。
コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知して、それを頭で判断し、筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力になり、能力を高めるのが狙いになります。
コーディネーション能力で重要なのは、課題そのものの速さや強さではなく、その基礎となる体幹や四肢、上肢・下肢など身体の内部の連携で、新しい技術の習得や技術の洗礼を円滑にする基礎作りが目的で、課題そのものが目的ではありません。
またコーディネーショントレーニングとは、SAQトレーニングとともに行う際に意識性の原則が重要となるトレーニングいなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  3. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  4. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  5. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
ページ上部へ戻る