関節にはたらく3種類のテコの原理

筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォームを工夫したり、効果的でケガのしにくいトレーニング動作を考えたりするための基礎として非常に重要になります。

筋力が力を発揮して骨を引っ張ることで関節を回転させる方法には、全部で3種類の方法があります。

それらはすべてテコの原理ではたらきます。

第1種のテコは、関節の中心の一方に筋力の作用する点があり、反対側に抵抗力の作用する点がある場合です。

第1種のテコで作られている関節では、関節の中心から筋力の作用する点までのアームの長さのほうが、抵抗力の作用する点までのアームの長さよりも短ければ短いほど、筋力は抵抗力よりもずっと大きな力を出さなくてはなりません。

第2種のテコは、関節の中心の片側に筋力の作用する点と抵抗力の作用する点の両方があり、筋力の作用する点のほうが抵抗力の作用する点よりも関節中心から遠いほうにあります。

常に筋力の作用するアームの長さのほうが抵抗力のアームの長さよりも長くなりますから、抵抗力よりも小さい筋力で抵抗力に対抗することができます。

第3種も関節の中心の片一方に筋力の作用する点と抵抗力の作用する両方があるということでは同じですが、第2種のテコとは逆に、筋肉の作用する点の方が抵抗力の作用する点よりも関節の中心に近いところにあるものです。

その結果、常に筋力の作用するアームの長さよりも短くなりますから、抵抗力よりも大きな筋力を発揮しなければなりません。

身体のほとんどの関節は第3種のテコになっています。

そのため常に筋力は抵抗力よりも大きな力を発揮することが求められます。

そういう点では筋力では常に損をしていることになります。

しかし筋肉が少し縮んだだけで抵抗力の作用する点はとても大きく動かす事ができます。

つまり、少しの時間で大きく動かす事が出来るということからスピードでは得していることがわかります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  2. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
ページ上部へ戻る