運動連鎖を引き出すために

運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を生み出せることが必要です。

土台となる下半身や胴体の力の発揮が不十分だと、最終的に生み出されるスピードにも限界が生じ、十分なものが望めません。

中心部が大きな力を生み出したあと、次の段階で末端部が加速するときにその反作用を支えるための中心部がしっかりと減速して止まることが必要です。

そのためには、最初に動いた中心部の関節の動きをタイミングよく固定しなければなりません。

ゴルフのスイングや野球のバッティングで壁をつくることが大切だといわれますが、それは下半身の移動で生み出された力を胴体のひねりや上半身の運動にうまく伝えるためには下半身をしっかりと固定することが重要であるということをいっているのです。

反動動作や慣性モーメントから見た運動の仕組みも運動連鎖と合わせて考えると非常に合理的になります。

ボールのキックやテニスのサーブでいったん脚や腕を後方に引き、インパクトの直前までひざやひじを曲げて脚や腕全体の回転半径を短くすることで回転スピードを高め、回転スピードが十分高まったところでひざやひじを伸ばしてインパクトしています。

このように、さまざまな原則が組み合わさり合理的な動作を行っています。

これらを理解して、非合理的な動作を見つけて改善していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  2. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  3. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る