運動連鎖を引き出すために

運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を生み出せることが必要です。

土台となる下半身や胴体の力の発揮が不十分だと、最終的に生み出されるスピードにも限界が生じ、十分なものが望めません。

中心部が大きな力を生み出したあと、次の段階で末端部が加速するときにその反作用を支えるための中心部がしっかりと減速して止まることが必要です。

そのためには、最初に動いた中心部の関節の動きをタイミングよく固定しなければなりません。

ゴルフのスイングや野球のバッティングで壁をつくることが大切だといわれますが、それは下半身の移動で生み出された力を胴体のひねりや上半身の運動にうまく伝えるためには下半身をしっかりと固定することが重要であるということをいっているのです。

反動動作や慣性モーメントから見た運動の仕組みも運動連鎖と合わせて考えると非常に合理的になります。

ボールのキックやテニスのサーブでいったん脚や腕を後方に引き、インパクトの直前までひざやひじを曲げて脚や腕全体の回転半径を短くすることで回転スピードを高め、回転スピードが十分高まったところでひざやひじを伸ばしてインパクトしています。

このように、さまざまな原則が組み合わさり合理的な動作を行っています。

これらを理解して、非合理的な動作を見つけて改善していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  2. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  5. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
ページ上部へ戻る