運動連鎖を引き出すために

運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を生み出せることが必要です。

土台となる下半身や胴体の力の発揮が不十分だと、最終的に生み出されるスピードにも限界が生じ、十分なものが望めません。

中心部が大きな力を生み出したあと、次の段階で末端部が加速するときにその反作用を支えるための中心部がしっかりと減速して止まることが必要です。

そのためには、最初に動いた中心部の関節の動きをタイミングよく固定しなければなりません。

ゴルフのスイングや野球のバッティングで壁をつくることが大切だといわれますが、それは下半身の移動で生み出された力を胴体のひねりや上半身の運動にうまく伝えるためには下半身をしっかりと固定することが重要であるということをいっているのです。

反動動作や慣性モーメントから見た運動の仕組みも運動連鎖と合わせて考えると非常に合理的になります。

ボールのキックやテニスのサーブでいったん脚や腕を後方に引き、インパクトの直前までひざやひじを曲げて脚や腕全体の回転半径を短くすることで回転スピードを高め、回転スピードが十分高まったところでひざやひじを伸ばしてインパクトしています。

このように、さまざまな原則が組み合わさり合理的な動作を行っています。

これらを理解して、非合理的な動作を見つけて改善していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
  2. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
  3. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  5. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
ページ上部へ戻る