カラダの大きな力を出せないしくみ

スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。

そんな時にきちんと大きな力を出せるようにすることがトレーニングの目的です。

しかし、一方で人間の身体にはあえて大きな力を出させないようにする仕組みもあるのです。

それは大きな力を出し過ぎることによって身体の組織が傷つくことを防ぐという目的があるからです。

筋肉はその端にある腱という組織で関節をまたいで骨につながっています。

筋肉で発生した力は腱によって骨につたわります。

筋肉が力を発揮して縮もうとすると、関節は筋肉の縮もうとする方向にその角度を変えようとしますが、もしその動きに抵抗して関節を逆に動かそうとする力が加わると、筋肉が縮もうとする力を発揮しても関節はすぐには動きません。

このように、筋肉が縮もうとしても関節が動かないときや、筋肉が大きな力を発揮しているのに逆に引き伸ばされていってしまうとき、つまりアイソメトリックやエキセントニック筋活動のとき、筋肉が縮もうとする一方で筋肉の両端の腱には引き伸ばされるような力が加わります。

すると、それ以上に筋肉が縮もうとすることは腱にとってかなり危険です。

切れてしまうかもしれません。

そんな時、腱の中にあるゴルジ腱器官という感覚器官から信号が出て、その腱が傷つくかもしれないという情報が脊髄に伝えられます。

危険信号が入ってきた脊髄では縮もうとしている筋肉につながる運動神経細胞に対してもうそれ以上大きな力を発揮したらダメだ、力を弱めなさいという信号を送ります。

その結果、運動神経細胞からの筋肉に対する指令が弱まり、力の発揮も弱くなります。

この仕組は、筋肉や腱を守るために備わっているゴルジ腱反射と呼ばれる反射です。

ケガをしないためには大切ですが、このような反射が常に働くと、いつまでたっても大きな力を発揮することはできません。

その意味では、この反射が働かないようにすることも必要になります。

繰り返して徐々に負荷をかけていくことによって身体を慣らしていくのが必要なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-7

    関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォー…
  2. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  3. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  4. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  5. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
ページ上部へ戻る