有酸素運動の強度設定について

有酸素運動を行う場合は、目的に合わせた運動強度を設定することが必要となります。
目的は、次の4つに分けることができます。
1、活力アップのための持久力の向上
2、スポーツの基礎体力としての持久力向上
3、生活習慣病の改善または予防
4、積極的休養としての運動
この4つは、目的がいずれであるかによって、目安となる運動強度が変わってきます。
したがって、自分が取り組んでいるスポーツの特徴と、自分の身体の特徴を理解して行うことが大切になります。
まず、活力アップを目的に有酸素運動を行う場合は、LTかそれ以上の強度、スポーツの基礎トレーニングとして行う場合は、持久系のスポーツでは、LTかそれ以上、他の種目ではLTレベルの強度がいいです。
生活習慣の予防にはLTかそれ以下の強度がよく、生活習慣病がある場合は専門医に相談が必要です。
積極的休養としてなら、より軽い強度がいいです。
なお、積極的休養とは、どのアクティブレストともいい、ジョギングなどの軽い有酸素運動やストレッチを行い、筋肉の血行を促進することで疲労回復を図る休養のことになります。
運動のタイプによって、強度は異なります。
ウォーキングやジョギングでは体重が負荷になるため、歩く速度・走る速度が運動強度になります。
ただし、体重に見合う脚筋力がない場合は、きつい運動になります。
自転車運動の強度は、体重に関わりがないので、ワット数を体重で割った値が運動強度になります。
水泳や球技では、技術レベルにより強度が変わり、スポーツになれると強度が低くなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  5. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る