有酸素運動の強度設定について

有酸素運動を行う場合は、目的に合わせた運動強度を設定することが必要となります。
目的は、次の4つに分けることができます。
1、活力アップのための持久力の向上
2、スポーツの基礎体力としての持久力向上
3、生活習慣病の改善または予防
4、積極的休養としての運動
この4つは、目的がいずれであるかによって、目安となる運動強度が変わってきます。
したがって、自分が取り組んでいるスポーツの特徴と、自分の身体の特徴を理解して行うことが大切になります。
まず、活力アップを目的に有酸素運動を行う場合は、LTかそれ以上の強度、スポーツの基礎トレーニングとして行う場合は、持久系のスポーツでは、LTかそれ以上、他の種目ではLTレベルの強度がいいです。
生活習慣の予防にはLTかそれ以下の強度がよく、生活習慣病がある場合は専門医に相談が必要です。
積極的休養としてなら、より軽い強度がいいです。
なお、積極的休養とは、どのアクティブレストともいい、ジョギングなどの軽い有酸素運動やストレッチを行い、筋肉の血行を促進することで疲労回復を図る休養のことになります。
運動のタイプによって、強度は異なります。
ウォーキングやジョギングでは体重が負荷になるため、歩く速度・走る速度が運動強度になります。
ただし、体重に見合う脚筋力がない場合は、きつい運動になります。
自転車運動の強度は、体重に関わりがないので、ワット数を体重で割った値が運動強度になります。
水泳や球技では、技術レベルにより強度が変わり、スポーツになれると強度が低くなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  2. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
ページ上部へ戻る