有酸素運動の強度設定について

有酸素運動を行う場合は、目的に合わせた運動強度を設定することが必要となります。
目的は、次の4つに分けることができます。
1、活力アップのための持久力の向上
2、スポーツの基礎体力としての持久力向上
3、生活習慣病の改善または予防
4、積極的休養としての運動
この4つは、目的がいずれであるかによって、目安となる運動強度が変わってきます。
したがって、自分が取り組んでいるスポーツの特徴と、自分の身体の特徴を理解して行うことが大切になります。
まず、活力アップを目的に有酸素運動を行う場合は、LTかそれ以上の強度、スポーツの基礎トレーニングとして行う場合は、持久系のスポーツでは、LTかそれ以上、他の種目ではLTレベルの強度がいいです。
生活習慣の予防にはLTかそれ以下の強度がよく、生活習慣病がある場合は専門医に相談が必要です。
積極的休養としてなら、より軽い強度がいいです。
なお、積極的休養とは、どのアクティブレストともいい、ジョギングなどの軽い有酸素運動やストレッチを行い、筋肉の血行を促進することで疲労回復を図る休養のことになります。
運動のタイプによって、強度は異なります。
ウォーキングやジョギングでは体重が負荷になるため、歩く速度・走る速度が運動強度になります。
ただし、体重に見合う脚筋力がない場合は、きつい運動になります。
自転車運動の強度は、体重に関わりがないので、ワット数を体重で割った値が運動強度になります。
水泳や球技では、技術レベルにより強度が変わり、スポーツになれると強度が低くなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  3. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  4. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  5. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
ページ上部へ戻る