仕事や学業に就いていると当然疲労がたまってきますよね。

休んでも休んでも疲れがとれないというようなこともよくあります。

こういった疲労は慢性疲労と言われますが、この慢性疲労には原因物質があるとされています。

その原因物質は「TGF-β」とよばれ、元々はウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入した際、脳から発せられる攻撃命令を免疫細胞に伝える物質です。

慢性疲労の人ではこの物質が常に作られ続けているのですが、その原因はストレスです。

人が何らかのストレスを抱えているとき免疫細胞の働きは低下します。

このため、攻撃命令を伝えるTGF-βがどんどん放出されていくのです。

過剰に生産されたTGF-βは、脳内の物質に作用します。

グルタミンやGABAなどの神経伝達物質の合成を低下させます。

これらの現象が絡み合い、脳内で情報がスムーズに伝わらなくなり、結果としてだるさや集中力の低下などが引き起こされ、これを疲労と感じるのです。

ストレスを貯め込まないようにするためにも疲労を回復するためにも運動は欠かさないようにしないといけませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  2. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  3. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
ページ上部へ戻る