回転動作の作用・反作用

カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現象は、厳密にいうとその運動をするカラダの部分の重さや運動の速度が深く関係します。

これは運動量保存の法則や角運動量保存の法則と呼ばれています。

しかし、これらの法則の背景には常に作用・反作用の法則が存在します。

スポーツの動作ではカラダをひねるという動きがとても大切だと言われています。

野球のバッティングにしても、テニスや卓球などのラケットを振る動作にしても、腕だけで振るのではなく、下半身を上手に使って上半身へうまく力を伝達することが重視されています。

スキーやスケートでもカラダをひねる場面は多くみられます。

このような回転動作も作用・反作用が大切なのです。

両脚を地面につけて固定したままバットを振るような回転動作では、カラダを全体として水平に回転させていく作用に対する反作用は地面から生まれます。

地面はカラダの回転する方向とは逆向きの回転力をカラダに与えるのです。

この作用・反作用のおかげで強くバットを振るということができるのです。

地面からの回転力をうまく上体に伝えるためにも下半身や胴体の筋力が必要になるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  2. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  5. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
ページ上部へ戻る