大きな力を発揮するために

筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。

筋肉ができるだけ大きな力を発揮するためには、このミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込む効率ができるだけ高くなればよいということになります。

筋肉の長さが短いときは、多くのアクチンがすでにミオシンに引き寄せられてしまっている状態です。

この状態からさらにアクチンを引き込むことはできません。

ですから筋肉の長さが短くなると大きな力を発揮することが難しくなります。

筋肉が引っ張られた状態では、ミオシンとアクチンが重なり合っていない部分があります。

するとクロスブリッジがアクチンを引き込むための作用を及ぼすことができません。

ですから、ミオシンがアクチンを引き込む効率も高いとは言えません。

ミオシンとアクチンの重なり具合からすると筋肉が短くも長くもなくミオシンのクロスブリッジの最大数がアクチンと重なり合ったちょうどよい長さの時に最も大きな力が出せるということになります。

筋肉が自分から力を発揮する仕組みだけ考えると短くも長くもなく中間の長さでもっとも大きな力を出せるということになりますが、筋肉には弾力性という性質があり、少し引きのばされるとそこからゴムのように元に戻ろうとする力が働きます。

この力が筋肉の能動的な活動による力に加わるともっとも大きな力が出せることになります。

多くのスポーツ動作は大きな力を発揮するために、このような筋肉が少し伸ばされた状態を作り出すテクニックが使われます。

スイング動作のバックスイングなどです。

動作においては主に使う筋肉をあらかじめ少し伸ばしておいて、そこから力を発揮すると強い力が発揮できるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  3. 2016-4-15

    筋収縮による筋の伸張性低下

    上腕二頭筋に筋収縮が生じている際に他動的に肘関節を伸展しようとしても簡単には伸展できないように、筋収…
  4. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  5. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
ページ上部へ戻る