体力要素について

体力は、筋力・パワー・スピード・敏捷性・柔軟性・持久力など様々な要素で構成されています。

発育期では、各要素をバランスよく高めていくのが望ましいです。

成人でも、健康維持のためには、体力要素ごとに見て、バランスよく鍛えることが望ましいですが、スポーツを楽しむ場合は、競技特性によって極端にならない範囲で要素間のバランスが崩れていても大丈夫です。

例えば、市民マラソンを楽しむには、上半身の筋量は少なくても大丈夫ですが、フリークライミングを行うのであれば上半身の筋力が重要になります。

また一般のレベルなら全ての体力要素において高い水準にある人ということはありますが、トップアスリート同士の比較では、全てにおいて高いということは考えにくいです。

例えば、短距離選手のようにパワーに優れた選手は白筋優位な身体に鍛えられているので、アスリート水準で見て持久力が高いことはあり得ません。

一方、長距離選手は、赤筋優位で持久力が優れていますが、痩身でもあり、アスリート水準でパワーが優れていることはあり得ません。

このように競技によって、体力要素に偏りがあるのは当然で、無理に要素間のバランスを取ろうとすれば競技能力が下がってしまうので種目の特性に合わせた体力トレーニングが必要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-20

    筋線維の発生と機能構造

    筋は形態的かつ生理的な違いから横紋筋、心筋、平滑筋に分類されます。横紋筋の大部分は骨に付着し関節…
  2. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  5. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
ページ上部へ戻る