体力要素について

体力は、筋力・パワー・スピード・敏捷性・柔軟性・持久力など様々な要素で構成されています。

発育期では、各要素をバランスよく高めていくのが望ましいです。

成人でも、健康維持のためには、体力要素ごとに見て、バランスよく鍛えることが望ましいですが、スポーツを楽しむ場合は、競技特性によって極端にならない範囲で要素間のバランスが崩れていても大丈夫です。

例えば、市民マラソンを楽しむには、上半身の筋量は少なくても大丈夫ですが、フリークライミングを行うのであれば上半身の筋力が重要になります。

また一般のレベルなら全ての体力要素において高い水準にある人ということはありますが、トップアスリート同士の比較では、全てにおいて高いということは考えにくいです。

例えば、短距離選手のようにパワーに優れた選手は白筋優位な身体に鍛えられているので、アスリート水準で見て持久力が高いことはあり得ません。

一方、長距離選手は、赤筋優位で持久力が優れていますが、痩身でもあり、アスリート水準でパワーが優れていることはあり得ません。

このように競技によって、体力要素に偏りがあるのは当然で、無理に要素間のバランスを取ろうとすれば競技能力が下がってしまうので種目の特性に合わせた体力トレーニングが必要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  2. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  3. 2015-12-6

    音楽の嗜好性

    人はそれぞれさまざまな好みをもちます。音楽も例外ではありません。一口に音楽の好みとい…
  4. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  5. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
ページ上部へ戻る