運動の作用・反作用をうまく使う

格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。

そのときに相手がじっとしていても、同じ力でぶつかられ、押し返され、引っ張られるということを考えておかなければなりません。

この作用・反作用の原理を自分のカラダの中でうまく活用すれば効率よく大きな力を発揮したり、バランスのいい姿勢を維持したりすることができます。

たとえば、陸上の短距離種目でフィニッシュシーンをみると、テープを早く切ろうとして胸から上を前に突き出していると思います。

そのときに両腕は後ろに出していると思います。

また、格闘技でパンチするとき、攻撃する方の腕を素早く突き出すためにもう一方の手を素早く引くという動作がみられます。

このように、1つの動作を行うための力とペアになった反作用の力をうまく利用することで、バランスのよい姿勢で力を効率よく発揮することができるのです。

効率のよい動作ができるということは、無駄な力を使わなくてすみますので、疲れにくくなります。

持久力にとってもよい影響を及ぼします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
ページ上部へ戻る