運動の作用・反作用をうまく使う

格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。

そのときに相手がじっとしていても、同じ力でぶつかられ、押し返され、引っ張られるということを考えておかなければなりません。

この作用・反作用の原理を自分のカラダの中でうまく活用すれば効率よく大きな力を発揮したり、バランスのいい姿勢を維持したりすることができます。

たとえば、陸上の短距離種目でフィニッシュシーンをみると、テープを早く切ろうとして胸から上を前に突き出していると思います。

そのときに両腕は後ろに出していると思います。

また、格闘技でパンチするとき、攻撃する方の腕を素早く突き出すためにもう一方の手を素早く引くという動作がみられます。

このように、1つの動作を行うための力とペアになった反作用の力をうまく利用することで、バランスのよい姿勢で力を効率よく発揮することができるのです。

効率のよい動作ができるということは、無駄な力を使わなくてすみますので、疲れにくくなります。

持久力にとってもよい影響を及ぼします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  2. 2015-2-27

    プレ・パフォーマンス・ルーティンとフォーカルポイント

    スポーツの世界ではよく「集中力」という言葉を耳にします。「集中力が足りないから負けた」、「集…
  3. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
  4. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
  5. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
ページ上部へ戻る